IT導入支援

2015年03月31日
ユーザビリティ&ビジネスの訴求力 ビジネスで本当に使える2in1デバイスはどれ? 主要メーカーによる11番勝負!(後編)

1台でタブレットとしてもノートPCとしても使うことができる「2in1」デバイスが、ビジネスシーンで注目されている。各メーカーも力を入れて2in1デバイスを投入してきているが、導入の際にはどんなことに注目して選ぶべきだろうか。ここではビジネスの現場での有用性をベースに、東芝、日本電気(NEC)、富士通、マイクロソフト、レノボの5機種を比較検証していく。後編では、キーボードやインターフェイスといった仕事での使いやすさや、液晶ディスプレイの見やすさといった商談やプレゼンの場におけるビジネス訴求力などを検証し、総合結果を発表する。

(製品比較の機種選定・比較は、ビジネス+IT編集部が実施しています)
前編はこちら

ユーザビリティ 〜仕事での使いやすさと効率〜

 2in1デバイスには、タブレット スタイルでモバイル用途に利用するだけでなく、デスクのPCとして日常業務も効率的に処理できる利便性が求められる。実際のオフィスではこうしたデスクワークの方が長く、この部分でのユーザビリティが、ビジネスの生産性、効率を大きく左右する要素となる。キーボードやポインティングデバイス、インターフェイスなどといった要素は、iPad などの単体タブレットでは軽視される傾向にあるが、ビジネスシーンでは最も重視すべき点であり、2in1デバイスを導入する大きなメリットとも言えるだろう

キーボードとポインティングデバイス

 ある程度キャリアのある営業マンともなれば、1日に何十、いや何百通といったメールを処理する必要があるだろう。また、社外向けの営業資料の作成、社内向けの報告書の作成業務などでも大量の数値や文章を時間をかけずに入力することが求められるはずだ。キーボードの使用感は、ビジネスの効率、生産性に大きな影響があるだろう。

 この生産性に大きく影響するキーボードを比較してみる。全体に良いのが、dynabook R82とVersaProタイプVS、ThinkPad Helixだ。配列も含めて欠点が少なく、タイプ時の感触も良く、完成度が高いと感じる。中でもThinkPad Helixのウルトラブックプロ・キーボードは、スイッチの感触、キートップ表面のコーティングなどVersaProタイプVSより1グレード高い印象がある。dynabook R82とThinkPad Helixは、バックライトも搭載しており、飛行機の中や寝室などでの作業にも便利だ。STYLISTIC Q702/Gはキーピッチに、Surface Pro 3は配列と打鍵感に少し難があることに加えて、キーボード入力するときにスタンドを立てる必要があるため、奥行きが余計に必要になる点もマイナスだ。

photo

今回比較した5機種のキーボード。dynabook R82とVersaProタイプVS、ThinkPad Helixは完成度が高い。STYLISTIC Q702/Gはキーピッチに、Surface Pro 3は配列と打鍵感に少し癖があると言えるであろう。


 ポインティングデバイスについては、dynabook R82とThinkPad Helixは、スティック型とパッド型の両方を搭載しているうえ、機能的にも優れている。スティック型はThinkPad Helix、パッド型はdynabook R82のほうが操作感は良い印象。他の3台はとりあえず付いてはいるが、実用的に使うには少し厳しい印象だ。

photo

専用キーボードのキーのクリック感は、東芝とNEC、富士通、レノボとも悪くはない。Surfaceのみ軽めにタイプしてもキーボード全体がたわむため長文入力には不向きか?


 採点については、ThinkPad Helixが満点。dynabook R82が縦ピッチなどキーボードの総合力で1ポイントのマイナス。VersaProタイプVSはポインティングデバイスのぶんさらにマイナス1ポイント。キーピッチが狭いSTYLISTIC Q702/Gはさらにマイナス1ポイントとし、致命的な省略キーがあり、タッチ感、設置面積にも難があるSurface Pro 3はさらに評価を下げた。

表8■キーボードとポインティングデバイス
項目 東芝
dynabook R82
NEC
VersaPro
タイプVS
富士通
STYLISTIC Q702/G
Microsoft
Surface
Pro 3
レノボ
ThinkPad Helix
安定して設置できる
最小の奥行き
約215mm 約215.7mm 約210mm 約250mm 約215.7mm
キーピッチ(実測) 19×17mm 18.5×18.5mm 17.5×16mm 18.5×18mm 18.5×18.5mm
配列 6段 6段 6段 6段 6段
配列とタッチ感 縦はやや窮屈。素直な配列で、ほぼ均等ピッチ。カーソルキーはやや小さめも通常キーとの間隔を空けて配置されているためミスタイプはしにくい。スイッチの感触は良好。あえて強めに押せばわずかに沈む程度で、剛性も十分。 LenovoのThinkPadと同じ配列。キートップは大きくカーブが付いていて、指を置きやすい。スイッチの感触も悪くない。剛性は普通。強めに押せば沈むという程度。 配列は比較的素直だが、カーソルキーは下げて配列されておらず、ミスタイプしやすい。キーピッチが狭くやや窮屈。キーストロークが深くてしっかりしたクリック感があり、スイッチの反発も控え目で感触は良い。軽めにタイプしても中央部が軽くたわむ。 Fn+CapsLockでファンクションキーを優先させられる。PrtScreenがない点は不便。また、カーソル上下キーが小さい。キートップは安っぽく安定感に欠けるが、スイッチの感触は悪くない。軽めにタイプしてもキーボード全体がベコベコと派手にたわむため長文入力には不向き。 LenovoのThinkPadと同じ配列だが、質感、打鍵感ともVersaProタイプVS付属のキーボードよりさらに品質は上の印象。キートップは大きくカーブが付いていて、指を置きやすい。スイッチの感触は最高。キーボード下の剛性も高い。
バックライト あり なし なし あり あり
ポインティング
デバイス
アキュポイント、クリックパッド クリックパッド タッチパッド クリックパッド TrackPoint、クリックパッド
タッチパッド
(クリックパッド)サイズ
99×51mm 90×45mm 70×42mm 88×43mm 87×53mm
タッチパッド
(クリックパッド)ボタン
パッド一体型 パッド一体型 左右ボタン独立 パッド一体型 3ボタン独立(TrackPoint)
パッド一体型(クリックパッド)
ポインティングデバイス
の使い勝手
アキュポイント、クリックパッドとも、ボタンの感触がとても良く、しっかりとした音がする。多機能ユーティリティが導入されており、ジェスチャー機能が利用できるほか、誤動作防止などの調整も可能。パッドの滑りも良好だ。 パッドの奥行きが狭くやや窮屈だが滑りは良い。機能は最小限。ボタンの音は大きく、あまり感触は良くはない。 パッド面積が狭く、最小限の機能しかもたない。滑りは良いが、ボタンは左右独立で操作はスムースだが少々軽い音が気になる。 パッド面積が狭く、最小限の機能しかもたない。滑りは良いが、ボタンの音が少し軽いのが気になる。 TrackPointは物理ボタンの感触もよく操作性は良好。クリックパッドにはシナプティクスのユーティリティが導入されており、感度の調整ができるほか多彩なジェスチャー機能も利用可能。クリックパッドのボタンの感触はNECと同様。
採点 9 9 8 5 10


ペンの書き味

 旧来のノートPCにはない、タブレットおよび2in1デバイスならではの要素が、ペン入力だ。ビジネスの現場ぶいうて顧客や取引先に情報を伝える際に、テキストだけでは表現力に限界がある場合がある。そういう時に強調したい部分にマーカーを引いて示したり、手書きの図やイラストをサッと描いて説明できれば、効果的だ。ペンをつかったコミュニケーションや取引先との商談の場だけでなく、上司や同僚などの社内のコミュニケーションも格段スムーズにいくだろう。

 もちろん、会議や打ち合わせの際に、手書きでメモするといった使い方もできる。ペンで描いたものは書きっ放しではなく、デジタルで保存してメールなどで配布ができるため管理が容易で、情報共有も素早く確実できるという紙にはないメリットがある。

 もっとも、実際ペンの書き味が良くなければ、なかなか活用されない。「やはり手帳とボールペンのほうが書きやすい」ということになってしまうだろう。そういう意味でも、タブレットにおけるペンの書き味はかなり重要な要素である。

 主観になるが、5台のモデルそれぞれで書き比べてみると、同じ電磁誘導式でも書き味にはかなり差があることがわかった。ダントツで良い印象を受けたのは、dynabook R82だ。まず画面の摩擦、抵抗感が絶妙で、ペンを置いた時にまったく弾かれたり、滑ったりするような感覚がない。素早くペンを走らせても取りこぼすことなくリアルタイムに描画されるし、かといって不必要に筆跡がつながってしまうということがない。別格の書き味といって良い。

 それに続くのは、VersaProタイプVSとThinkPad Helixか。滑らかな書き心地で追従性も悪くないのだが、柔らかすぎるというか、抵抗感が少し強すぎて、重い印象だ。ペンのユーティリティで調整することも可能だが、一番硬く調整してもまだ重い印象は残った。

 Surface Pro 3は上記2台に比べるとはっきりと感触が硬い。画面にコンタクトした時にコツンと弾かれ、若干滑るような感覚がある。上記2台に比べると視差(ペンを置いた位置と、実際に描画される位置のずれ)が若干だが気になる。

 STYLISTIC Q702/Gは、さらに硬い。また、ペンの追従性も悪く、書き始めと書き終わりを少しずつ取りこぼす。視差も大きいように感じた。

photo

SurfaceとSTYLISTIC Q702/Gは固い印象で、慣れるには苦労する可能性も。NECとThinkPad Helixはソフトで滑らかだが微妙に重い印象。dynabook R82は適度な抵抗感があって追従性もスムーズで別格の書き味。


 ゆっくりと落ち着いて描画できる環境ならば、VersaProタイプVSとThinkPad Helix、Surface Pro 3までは許容範囲。ただ、会議や打ち合わせのメモなど、速度も要求される場面でも戦力として計算できるのはdynabook R82のみだろう。

表9■タッチとペン
項目 東芝
dynabook R82
NEC
VersaPro
タイプVS
富士通
STYLISTIC Q702/G
Microsoft
Surface
Pro 3
レノボ
ThinkPad Helix
ペンの数 2本(通常、ミニサイズ) 1本 1本 1本 1本
デジタイザ 電磁誘導式 電磁誘導式 電磁誘導式 電磁誘導式 電磁誘導式
ペンのボタン 1ボタン 1ボタン 2ボタン 2ボタン 1ボタン
ペンの筆圧検知 2048段階 不明 不明 256段階 不明
ペンホルダー 本体側(ミニサイズのみ) キーボード側 キーボード側 なし キーボード側
書き味の感想 別格の書き味。視差はほとんどなく、固くもなく柔らかすぎもしない適度な抵抗感があって追従性もスムース。文字も絵もきれいにスピーディーに描ける。液晶を反対に装着した拡張タブレットスタイルは、ペンで書く時にちょうどいい。 画面にコンタクトした時に固く、滑る感覚がある。視差もdynabookやVersaProと比べるとわずかに気になる。 明らかに固く、視差も大きい。書き始め、書き終わりを少しずつ取りこぼす印象で細かい描画はできない印象。ペンが短く、ボタンを誤って押しやすい。 ソフトで滑らかな独特の書き味だが、微妙に重い。ペンをしっかり引き上げないとクリアな文字が書けない。硬めに調整するとかなり良くなるが、若干ぬめる感じは残る。視差はほとんどない。 VersaProタイプVSと同じような感触。硬めに調整しても長く書いていると疲れる印象がある。
採点 10 7.5 6 7.5 7.5

インターフェイスと拡張性

 誰しも会社でタブレットを利用したがUSBポートやプロジェクターの端子がなく、社内の周辺機器と接続できずに困ったという経験を持っているのではないだろうか? USBメモリやプロジェクター、プリンターなどビジネスで必須な周辺機器との接続性も、ビジネスの生産性を高める重要な要素となる。 どういったインターフェイスが備えられているか?またその数や、どの位置に装備されているかといった点もチェックすべきポイントだ。必要な時に必要な機器に接続できなければ、時間のロスを生み、生産性が著しく損なわれる結果となる。

 特にビジネスの現場では資料作成などの際に、USBメモリーやメモリーカードはデータの受け渡しに使われており、これらをすぐに読み取れるフルサイズのUSB3.0、SDXCメモリーカードスロットは利用シーンが多い。またプロジェクター接続用にHDMI出力とアナログRGB(D-Sub15ピン)は両方欲しいところだ。

  STYLISTIC Q702/Gはこれらをすべて備えており、満点を与えて良いだろう。dynabook R82もほぼ十分な装備だが、フルサイズのUSBポートが本体側にないことは少しマイナスだろう。Surface Pro 3、VersaProタイプVSはタブレット本体側の装備は及第点だが、キーボード側の機能が乏しく、2in1としては少々物足りない装備と言わざるを得ないため評価を下げた。ThinkPad Helixのウルトラブックプロ・キーボードもインターフェイスに関してはさほど充実していない。

photo

STYLISTIC Q702/Gはビジネス利用に十分なインターフェイスを備える。dynabook R82は本体側にフルサイズのUSBポートがないのが残念。Surface Pro 3、VersaProタイプVS、ThinkPad Helixはタブレット本体側の装備は及第点だが、キーボード側の機能が乏しく、2in1としては少々物足りない



表10■インターフェイス
項目 東芝
dynabook R82
NEC
VersaPro
タイプVS
富士通
STYLISTIC Q702/G
Microsoft
Surface
Pro 3
レノボ
ThinkPad Helix
本体インターフェイス microHDMI出力、microUSB2.0、microSDXC、ヘッドフォン出力/マイク入力兼用、ミニペンホルダー microHDMI出力、USB3.0、microSDXC、ヘッドフォン出力/マイク入力兼用 HDMI出力、USB3.0、USB2.0、SDXC、ヘッドフォン、マイク MiniDisplayPort、USB3.0、microSDXC、ヘッドフォン出力/マイク入力兼用 microHDMI出力、USB3.0、microSDXC、ヘッドフォン出力/マイク入力兼用
キーボードインターフェイス HDMI出力、アナログRGB出力(D-Sub15ピン)、USB3.0×2、有線LAN USB2.0、ペンホルダー アナログRGB出力(D-Sub15ピン)、USB2.0×2、有線LAN、ペンホルダー なし MiniDisplayPort、USB3.0、ペンホルダー(外付け)
Webカメラ 前面約200万画素
裏面約500万画素
前面約200万画素
裏面約500万画素
前面約92万画素
裏面約500万画素
前面500万画素
背面500万画素
前面約200万画素
裏面約500万画素
指紋センサー 非搭載 非搭載 搭載(本体裏面上部) 非搭載 非搭載
セキュリティーロックスロット 搭載 非搭載 非搭載 非搭載 搭載
短評 タブレット側にミニサイズ、ドック側にフルサイズのインターフェイスをスマートに装備。欲を言えば本体側にUSBのフルサイズがほしかった。 本体側端子は十分だが、カバーが付けられており、少し煩わしい。キーボード側もUSB 2.0のみと最小限。 タブレット単体でもUSB3.0やSDXCカードスロットなど汎用のフルサイズインターフェイスが使える。 本体側装備は悪くないが、キーボード側には何もなく、2in1としては物足りない内容。 本体側はVersaProタイプVSと同じ。キーボード側も充実しているというほどではない。VersaProタイプVSと同仕様のキーボードも選べる。
採点 9 7 10 7 8

【次ページ】ビジネスの訴求力 〜情報をより見やすく、魅力的に伝えられるか?

関連リンク