開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

日本アイ・ビー・エム株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2018/01/17
 一橋大 石倉洋子氏に聞くAI時代の「戦略と事業」、なぜこれまでのやり方が通用しないのか

これからの企業の競争戦略を考えるうえで、AIなどの先進テクノロジーを考慮することが必須になってきた。一橋大学名誉教授 石倉洋子氏は「テクノロジー進化のスピードが早く、これまでの戦略立案の手法が有効でない」と指摘する。自身も専門だった企業戦略からメディアデザインという領域で教鞭をとるようになったという石倉氏に、AI・デジタル時代に必要な戦略や事業の考え方ついて話を聞いた。

photo
一橋大学名誉教授
石倉洋子氏

バージニア大学大学院経営学修士(MBA)、ハーバード大学大学院 経営学博士(DBA)修了。マッキンゼーでマネジャー。青山学院大学国際政治経済学部教授、一橋大学大学院国際企業戦略研究科教授、慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授を歴任。資生堂、日清食品ホールディングス、双日の社外取締役、世界経済フォーラムのGlobal Future Councilのメンバー

iPhoneがどの業界の製品か気にする人はいない

──デジタルビジネスの進展によって、10年前と比べて企業戦略は大きく変わっています。この変化を、どうご覧になっていますか。

石倉氏:私は地殻変動のようなものだと思っています。これまでの日本企業は、「業界内の競争ルールから考えましょう」というパターンで戦略を練ってきました。しかし、今はもうそんなものは通用しません。「業界と言ったって、iPhoneは何の業界の製品なの?」となるし、そんなことを気にする人はいません。新しくできたものは、今までのカテゴリに入りません。

 それが1番わかりやすいのは自動車です。これまでの自動車業界は、業界内でトヨタやGMといったプレイヤー同士が競争していました。しかし、今のトヨタの最大の競合相手は(自動運転車を開発している)グーグルとも言えます。いまや自動車ではなく、「モビリティ」というより広い観点から考えないといけません。

 そもそも自動車とは、「ここからあそこへ行きたい」という希望を叶えるものです。その目的が達成できるようになればいいわけで、これまでの業界、業種というカテゴライズは意味を持ちません。

 米国ではタクシーという既存業種が違う形になったともいえる「Uber」が普及しています。Uberは「リアルタイムでやりとりできる人と配車のマッチングプラットフォーム」を提供しており、モノを製造しているわけではありません。しかし、モビリティという観点で、自動車業界に大きな影響があります。

 Uberの仕組みには(ネットワークの高速化やスマートフォンの普及といった)「デジタル」が圧倒的に寄与しています。こうした環境の変化がなかったら絶対にできなかったビジネスモデルです。


この記事の続き >>
・デジタル化が変えたイノベーションのあり方
・事業をテクノロジーで成長させるために必要なこと
・AIのビジネス化でまず考えることは何か

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

関連リンク

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!