開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

株式会社ヤプリ提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/05/10
 マザーハウス 山口絵理子氏に聞く「デジタル戦略」、“居心地の良さ”を再現する方法

マザーハウスはアパレル、バッグ、レザー小物、ジュエリーなどを製造・販売する企業だ。同社は「途上国から世界に通用するブランドをつくる」という理念を掲げ、バングラデシュやインドなど6カ国の自社工場で製品を製造し、日本を含む4カ国の直営店舗で販売する体制を構築している。同社のビジネスに今回のコロナ禍はどのような影響を与えたのか。また、その際にデジタルをどのように活用したのか。創業者である山口 絵理子 氏とデジタル部門を担う神村 将志 氏に話を聞いた。

画像
マザーハウス
代表取締役社長/デザイナー
山口 絵理子氏

1981年埼玉県生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒業。ワシントンの国際機関でのインターンを経てバングラデシュBRAC大学院開発学部修士課程終了。2年後帰国し「途上国から世界に通用するブランドをつくる」をミッションとして、2006年にマザーハウスを設立。現在、途上国6カ国(バングラデシュに加え、ネパール、インドネシア、スリランカ、インド、ミャンマー)の自社工場・提携工房でジュート(黄麻)やレザーのバッグ、ストール、ジュエリー、アパレルのデザイン・生産を行う。国内外47店舗で販売を展開(2020年9月時点)。世界経済フォーラム「Young Global Leader (YGL) 2008」選出。ハーバードビジネススクールクラブ・オブ・ジャパン アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー2012受賞。著書に『裸でも生きる』『裸でも生きる2』 『裸でも生きる3』(いずれも講談社)など。

コロナ禍で変わった消費者が企業を見る目線

 マザーハウスは「途上国から世界に通用するブランドをつくる」という理念を掲げ、2006年にバングラデシュからスタートした企業だ。ジュートという麻の一種を素材とするカバン工場からスタートし、現在はアパレル、バッグ、レザー小物、ジュエリーなどを扱い、素材開発から店舗運営までを一貫で手掛け、6つの国で生産した商品を4つの国で販売するまでに成長した。

 国際機関で開発援助に携わる仕事をしたいと、24歳で単身、アジアの最貧国 バングラデシュに飛び込んだのが、創業者である山口 絵理子氏だ。その創業の物語は、本として出版されるほど波乱万丈なものであったが、現在のマザーハウスは、国内外に約40の直営店を運営する人気のアパレル企業である。

 同社の代表取締役であり、チーフデザイナーとしても活躍する山口氏は、新型コロナウイルスがアパレル業界に与えた影響について、次のように述べる。

「お客さまの企業を見る目線が厳しくなったと感じます。プロダクトだけでなく、企業の姿勢や製品の背景にあるメッセージ、そもそも何のために作っているのかというところまで表現することが求められていると思います」(山口氏)

 もちろん、直営店に力を入れている同社にも、コロナ禍は大きいインパクトを与えた。緊急事態宣言下では、店舗を閉めざるを得なかったからだ。さらに、世界6カ国に自社工場を持つ同社にとっては、生産現場への影響も大きかった。

「ただし、幸いなことに我々は素材調達から生産までの一連のプロセスが1つの国の中で完結できていました。このため、他の工場のように他国から素材が入ってこないから生産ができない、という事態は避けられました。とはいえ、密は避けなければならないので、工員数を約7割に減らして生産量を落として稼働を続けました」(山口氏)

この記事の続き >>
・マザーハウスがコロナ禍を新作で乗り切った理由
・コロナ禍で迎えたマザーハウスの「デジタル元年」
・デジタル化がものづくりに与えた影響
・デジタル戦略の2つの柱とデジタルに求められる“手作り感”

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

関連コンテンツ

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!