開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2020/09/16

株高・円安継続に期待=菅政権発足で金融市場

時事通信社

菅義偉新首相が選出された16日の東京金融市場では、新政権の「政策実行力を見極めたい」(銀行系証券)との姿勢から、株も円相場も値動きは限定的だった。市場では株高・円安を演出した前政権の経済政策「アベノミクス」が継承されるとの期待が強い。

16日の日経平均株価の終値は前日比20円64銭高の2万3475円53銭。午後5時現在の為替相場は1ドル=105円24~28銭と50銭の円高・ドル安。

株式市場では、主要な経済担当相が再任されるとの事前報道で、アベノミクス継続への「安心感が広がった」(大手証券)。デジタル庁創設などによる産業構造の改革に加え、「縦割り行政が打破されるなら一段の株価上昇もある」(中堅証券)と予想する。

【時事通信社】

最新ニュース ジャンルのトピックス

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!