ようこそゲストさん

株式会社セールスフォース・ジャパン 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2023/01/20 掲載

データ活用が上手い企業は知っている、データファブリックとは? 最大の効果を生む方法

記事をお気に入りリストに登録することができます。
データ分析は、もはや業界業種を問わずビジネスに必要な要素だ。ところが、その前提となる「データ管理」に課題を抱える企業は多い。具体的には、個別のシステムやアプリケーション内にデータが保管され、有効活用されていない「データのサイロ化」に悩む企業は少なくない。そこで注目されているのが「データファブリック」だ。爆発的に増大するデータに対応し、企業のデータ分析を次のステージに引き上げるデータファブリックについて解説する。

photo
データ爆増時代の救世主、データファブリックを解説
(Photo/Getty Images)

データ量は5年で10倍に。変化に追いつけないデータ管理の実態

 いまや、データ活用をおろそかにする企業は、競合に勝つことはもちろん、生き残ることも困難になりつつある。ところが、データ管理のインフラや手法は、急速な時代の変化に追いつけていない。

 ある調査によれば、現在企業が管理するデータは5年前の10倍に膨らんでいる。また、企業は平均で900個のアプリケーションを利用しているが、連携できているのはその1/3にすぎない。さらにITリーダーの10人のうち9人が、データのサイロ化によってビジネスの混乱や信用失墜が起きていると回答している。

 ここから浮かび上がるのは、急激に増大したデータが各システムやアプリケーション内にとどまり、有効に活用できていない実態だ。

 そこで注目されているのが「データファブリック」である。これは、データの所在場所に関わらず、あらゆる種類のデータの管理、共有、利用を支援するために互いに連携するデータ管理ツールの集合体を意味する。

 ただし、データファブリックは単なるツールの集合体ではない。重要なポイントは、統一されたアーキテクチャー上で動作するサービスやテクノロジーで構成されていることだ。これからのデータ管理・活用に欠かせないデータファブリックを最大限に活用するための方法を解説しよう。

この続きは会員限定(完全無料)です

ここから先は「ビジネス+IT」会員に登録された方のみ、ご覧いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ



処理に失敗しました

人気のタグ

おすすめユーザー

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます