NTTコミュニケーションズ株式会社 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2024/02/19 掲載

そろそろヤバい「人事データバラバラ問題」、最適解にして「国内で唯一」の解決策とは

記事をお気に入りリストに登録することができます。
あいかわらず人は足りない。システムは入っているのに、いまだに紙もなくならない。その一方で、人的資本情報の開示の義務化への対応、タレンドマネジメントなどの新しい取り組みも求められている。これが、多くの企業の人事部門の実態ではないだろうか。こうした変化に対応するには、デジタル活用が不可欠なのは明らかだ。ここでは、人事システムが抱える課題と解決のポイントを解説する。
photo
これまでも課題になってきた人事システムが、いよいよ限界を迎えている
(Photo/Shutterstock.com)

人事・労務部門を取り巻く3つの環境変化と課題

 企業の人事・労務部門を取り巻く環境は大きく変化している。1つ目は少子高齢化に伴う人手不足だ。もちろんこれは人事・労務部門に限った話ではないが、働き手が減っていく中、ペーパーレス化などで業務のムダを省き、生産性を上げていくことは、人事・労務部門にとっても欠かせない。

 2つ目は働き方の多様化だ。コロナ禍をきっかけにテレワークが当たり前となり、働く場所を自由に選べるハイブリッドワークが広がった。多様な場所で働く従業員をいかに管理するかは、人事部門の重要な課題だ。

 3つ目は人事業務の広がりである。従来、人事部門はコストセンターに位置付けられがちだったが、その役割が変わりつつある。たとえば、一部の企業に対する「人的資本情報の開示の義務化」も、その1つだ。対応するには、人の情報が集約されている人事部門が果たすべき役割は大きい。

 さらに、従業員の能力・技能を把握して管理・活用するタレントマネジメント、従業員のモチベーション管理など、近年の人事部門には、より戦略的な役割も期待されている。

 ところが、こうした変化に対し、これまで人事部門を支えてきた既存のシステムでは対応が難しい。そこでクラウドも含めた新しいシステムを検討する企業が増えているが、その選定や導入を巡っては、さまざまな混乱・問題が起きているのが実態だ。

この記事の続き >>

  • ・意外と知られていない、人事データ「統合管理」をうたうSaaS製品の“真相”と課題
    ・人事データを“本当に”統合管理できる「最適解」
    ・人事システム選定で絶対やってはダメなこと、まずすべきことは?

この続きは会員限定(完全無料)です

ここから先は「ビジネス+IT」会員に登録された方のみ、ご覧いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!今日から使える、仕事に役立つ情報満載!

  • ここでしか見られない

    2万本超のオリジナル記事・動画・資料が見放題!

  • 完全無料

    登録料・月額料なし、完全無料で使い放題!

  • トレンドを聞いて学ぶ

    年間1000本超の厳選セミナーに参加し放題!

  • 興味関心のみ厳選

    トピック(タグ)をフォローして自動収集!

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます

関連コンテンツ


処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます