日本アイ・ビー・エム株式会社 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2024/05/20 掲載

生成AI活用「現場が勝手に」の対応策は? コンプラ遵守もバッチリの活用法を解説

生成 AI と従来型 AI の「ある違い」、ビジネス活用「はじめの一歩」どう踏みだす?

記事をお気に入りリストに登録することができます。
生成AIの活用が企業や組織において注目される現在、業務効率化や新たな価値創出が期待されている。実はAIは、歴史的には1950年代から数度のAIブームがあり、現在は「第3次ブーム」と言える。そんな生成AIを活用する際においては、スキル不足や倫理的問題などが妨げとなることも多い。生成AIのビジネス活用に伴い、何から始めればいいのか?解決すべき課題を解説する。
photo
生成AIのビジネス活用について解説する
(Photo/Shutterstock.com)

生成AIとこれまでのAIはどう違う?

 生成AIが登場して以降、多くの企業・組織において業務に活用しようとする動きが活発化している。生成AIの活用によって、業務の効率化だけでなく、新たな価値創出などへの貢献も期待されている。そのため、本腰を入れてAI活用の基盤を整えようとする企業は少なくない。

 実はこれまでにも、AIが脚光を浴びる時代は何度も到来してきた。過去をさかのぼると、1950年代後半~1960年代の「第1次AIブーム」、1980年代の「第2次AIブーム」、そして2000年代から現在の「第3次AIブーム」などが挙げられる。

しかし、現在注目を集めている生成AIは、これまでのAIとは決定的に異なる点がある。その特徴を抑えておくことは、ビジネスにおける生成AI活用効果を最大化することに役立つだろう。

 また、生成AIのビジネス活用には解決すべき課題が存在するのも事実だ。生成AIに関するスキルを持つ人材・ノウハウの不足や、組織におけるAIリテラシーへの理解不足などに加え、生成AIの開発・普及に伴う倫理的な問題にも向き合わなければならない。

 そうした前提を踏まえて、「生成AIはこれまでのAIとどう違うのか、そしてビジネスに活用する際は何から始めればいいのか」と疑問を持たれた方は、ぜひ以下の記事を一読してほしい。

この続きは会員限定(完全無料)です

ここから先は「ビジネス+IT」会員に登録された方のみ、ご覧いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます

経営視点で見るAI

失敗しないAI活用

AIが変える顧客体験

AIとの協働を考える

データ × AI の力

ITモダナイゼーション


処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます