開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

シュナイダーエレクトリック株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2013/06/27

技術文書

ホワイトペーパー
【技術文書】データセンターにおける、部屋単位、列単位、ラック単位による冷却方式の選択
データセンターでは、高負荷および変動する負荷の最新世代IT機器の登場により、従来の冷却方式ではまったく想定されていなかった状況が生じている。その結果、冷却システムが過大かつ非効率になり、必要な冷却容量を予測できなくなった。このような問題に対処するため、部屋単位、列単位、およびラック単位の冷却方式が開発された。このホワイトペーパーでは、これらの新しい冷却方式について説明し、また、多くの次世代データセンターにおいて、どのような場合に、どの冷却方式を採用すべきかについてその指針を示す。
ページ数:14ページ
目次(一部抜粋)
●部屋単位、列単位、ラック単位の冷却方式
●3つの冷却方式の比較
●結論

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!