開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2019/01/22

技術文書

ホワイトペーパー
インフラ管理の自動化、「Infrastructure as Code」を実践するポイントとは?
企業ITにおけるクラウド利用の拡大に伴い、インフラ構成をコードで管理する「Infrastructure as Code」(IaC)という考え方が注目されている。インフラ管理の自動化を進めることで、開発と運用を一体化し、アプリケーションやサービスを高速で配信する「DevOps」の実現にもつながるからだ。本資料は、「プロビジョニング」「構成管理」「モニタリングとパフォーマンス」「ガバナンスとコンプライアンス」「最適化」といったIaCのライフサイクルにおけるタスクを、アマゾン ウェブ サービス(AWS)の機能を使用してどのように実現するかが解説されている。
ページ数:42ページ
内容(一部抜粋)
●Infrastructure as Codeとは
●インフラストラクチャリソースのライフサイクル
●リソースのプロビジョニング
●設定管理
●モニタリングとパフォーマンス
●ガバナンスとコンプライアンス
●リソースの最適化
●次のステップ
●まとめ

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!