開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

日本ヒューレット・パッカード株式会社(HPE)提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2019/03/28

導入事例

ホワイトペーパー
【事例】関電グループがIT基盤を刷新、「データと電力」を50%以上減らした方法
関電システムソリューションズは、関西電力グループの総合情報サービス企業だ。同社では、社内コミュニケーション基盤を、サーバや共有ストレージを活用した「3Tier環境」で構築、10年にわたって運用してきた。一方各インフラの老朽化に伴い、バックアップ処理時間の増大などの課題に直面し基盤の刷新を決めた。現在は、これらのインフラを統合することにより75%のデータ容量を圧縮、消費電力を50%削減するなど、目覚ましい成果を挙げている。同社はどのような手段を採用したのか。
ページ数:4ページ
内容
●拡張性の高い新たな基盤構築への挑戦
●重複排除技術がデータ保護を強化した理由
●新コミュニケーション基盤の構成を公開
●クラウド環境との親和性を検証し、さらに成長

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!