開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2019/04/19

技術文書

ホワイトペーパー
【サーバレス】AWSでの最適な選択をする「AWS Well-Architected フレームワーク」
AWSでシステムを構築する際、どのような技術を選択するべきか悩む場面は少なくない。こうした数々の選択肢の利点と欠点を理解するのに役立つのが「AWS Well-Architected フレームワーク」だ。これは運用上の優秀性、セキュリティ、信頼性、パフォーマンス効率、コスト最適化という5本の柱に基づいており、AWSはサーバレスアプリケーション向けの堅牢なアーキテクチャの設計を可能にする複数のコアコンポーネント(サーバレスと非サーバレス)を提供する。本資料では「AWS Well-Architected フレームワーク」のサーバレスアプリケーションレンズについて解説する。
ページ数:93ページ
内容(一部抜粋)
定義
コンピューティングレイヤー
データレイヤー
メッセージングとストリーミングレイヤー
ユーザー管理とアイデンティティレイヤー
システムモニタリングとデプロイ
デプロイのアプローチ
エッジレイヤー
一般的な設計の原則
シナリオ
RESTfulマイクロサービス
AlexaSkills
モバイルバックエンド
ストリーム処理
ウェブアプリケーション
Well-Architected フレームワークの柱
運用上の優秀性の柱
セキュリティの柱
信頼性の柱
パフォーマンス効率の柱
コスト最適化の柱

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!