開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

株式会社ミロク情報サービス提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2019/08/02

導入事例

ホワイトペーパー
【事例】年間278万円を削減、年末調整業務のデジタル化で得られるメリットの数々
オフィス業務のデジタル化が進む中、“手書き最後の砦”となっているのが年末調整申告業務だ。申告書の配付や回収、年調申告書の入力など、アナログな作業は多い。こうした課題を解決するには、年末調整申告をシステム化することだ。本資料では、システム開発を行うある800人企業の事例を紹介。手作業の年末調整申告をシステム化し、業務の大幅な効率化とコスト削減を実現した取り組みを紹介している。ぜひ参考にしてほしい。
ページ数:2ページ
内容
●手作業の年末調整申告の課題とは?
●年末調整申告業務の課題を解決するには?
●システム化によるコスト効果は?
●2年後に現れたシステム化の本当の効果

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!