開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

Sansan株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2019/08/05
ホワイトペーパー
日本のDXは「3周以上の遅れ」という現実、今すぐ構築すべき環境とは
現在、多くの企業が「デジタルトランスフォーメーション(DX)」への取り組みを加速している。ただし、CDO Club Japan 理事の水上晃氏によれば、それでもその取り組みは、欧米に比べて3~5周は遅れているという。同Clubが実施した400名への調査によると、その原因の一部は経営者にある。「現場100回」という言葉があるように、かつて日本の経営者は現場を重視してきた。しかし今、ビジネスの現場はデジタル世界に移った。その結果、デジタルに疎い経営者は現場が見えなくなったのだ。本資料で示されている、DX実現のために企業がとるべき具体的な行動を紹介しよう。
ページ数:7ページ
目次(一部抜粋)
●DX推進は経営者の意識改革がカギ
●デジタル化による産業構造とビジネスモデルの変化
●余白をつくるための「プロセスの自動化」
●情報収集をデジタル化し、人間の能力を拡張
●DXに貢献する環境とは

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!