開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

株式会社東陽テクニカ提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2020/07/01

技術文書

ホワイトペーパー
「デジタルフォレンジック」の4つの要素と求められる「ファストフォレンジック」
巧妙化・複雑化するサイバー攻撃を完全に防ぐことは難しい。そこで近年では、インシデント発生時に、どれだけ素早く正確に事態を把握し、的確に対処できるかが重視されている。そのために証拠を収集し、検査、分析を経て報告を行うプロセスが「デジタルフォレンジック」である。もともと「フォレンジック」は、犯罪捜査における分析、鑑識を意味する言葉だが、それをデジタルの世界に適用したのである。本資料では、デジタルフォレンジックの基本と最新の考え方を整理。4つの要素や「ファストフォレンジック」の重要性などを解説する。
ページ数:4ページ
内容(一部抜粋)
●いざという時の証拠保全が重要となる
●デジタルフォレンジックの4大要素
●求められるファストフォレンジック
●どのような企業に必要か

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!