開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

エムオーテックス株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/07/14

技術文書

ホワイトペーパー
コロナ禍やビットコインの影響は? 脅威レポートから読み解くセキュリティ対策
2020年のサイバーセキュリティは新型コロナウイルスの影響を多大に受けたものだった。多くの企業が在宅勤務へと移行したことで、VPNやBYODなどを利用したリモート接続が増加し、セキュリティは脆弱化。それらを標的とした脅威が増加した。その他にも、コロナ禍の不安に乗じた悪意のあるアプリやランサムウェア、選挙システムへのサイバー攻撃、ビットコインなど暗号通貨を標的としたものなど、さまざまな脅威に晒されていた。本書は、2020年に発生したサイバーセキュリティ関連の最大の出来事についての詳細や、今後のセキュリティ対策について説明する。
ページ数:53ページ
内容(一部抜粋)
●2020年の脅威アクティビティ
●OSのサイバー脅威
●サイバーセキュリティに対する洞察
●2021年に注視すべき脅威トレンド

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!