開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

グーグル・ジャパン合同会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/09/10

導入事例

ホワイトペーパー
JCB がウォーターフォール型から「アジャイル型」へと開発手法を変革できた理由
日本発で唯一の国際カードブランド運営企業であるジェーシービー(JCB)では、激しく変化するビジネス環境に対応すべく、顧客に価値のある新しいサービスを短期間で開発し、迅速に提供することが不可欠だと考えていた。そのためには、同社が従来から採用していた、オンプレミスのメインフレームを基盤としたウォーターフォール型のシステム開発を「アジャイル型」へと変革する必要があった。本書は、同社がいかにしてアジャイル開発の導入を進めたか、また、実現するために構築した次世代プラットフォームについて説明する。
ページ数:2ページ
内容(一部抜粋)
●アジャイル開発導入と次世代プラットフォームの構築
●目的に適合したクラウド
●導入により得られた効果

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!