開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

インフォマティカ・ジャパン株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/09/24

導入事例

ホワイトペーパー
三井住友海上のデータ活用戦略、「攻め」と「守り」のバランスを考慮したデジタル基盤とは?
近年、損害保険・生命保険業界では大規模自然災害の頻発や、顧客ニーズをはじめとした社会変化への対応という難しい局面への対処が求められている。そのような状況の中、損害保険などを取り扱う三井住友海上では、保険ビジネスに関する膨大な蓄積データを活用し、新たな保険商品の開発や補償内容の充実を図っていた。その取り組みとして、部門間を横断した高度なデータ分析・活用を実現すべく、複数のオンプレミス型DWH(データウェアハウス)を一体化し、新たな統合DWHをクラウドプラットフォーム上に構築。しかし、データカタログのような整理された目録が存在しないため、データを十分に活用できない環境となっていた。本書は、同社がそのような状況を改善すべく構築した、データの存在や意味を可視化し、生産性の向上、各法令への対応などを実現するデジタルプラットフォームについて解説する。
ページ数:2ページ
内容(一部抜粋)
●より高度なデータ分析・活用のためDWH刷新
●データカタログ導入の課題
●選定の要件とは
●攻めと守りを両立したデータ利活用基盤

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!