開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

グーグル・ジャパン合同会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/10/04

導入事例

ホワイトペーパー
LIXIL が「Google Cloud」を次世代データ基盤として選んだワケ
水まわり製品と建材製品を開発、提供する LIXIL では、メインフレームを利用した大がかりな自社データセンターを持ち、長らく自前でさまざまな社内システムの提供・運用を行ってきた。だが、将来的なビジネスの変化へ柔軟に対応していく必要性から、2018 年頃からパブリッククラウドへの本格移行を検討。そこで着目したのが、当時マーケティングなど一部の部門で限定的に使っていたデータウェアハウスサービス「BigQuery」だ。「BigQuery」を活用し、シナジーを生み出すには、システム全体を「Google Cloud」上に移行する必要があると同社は考えた。本書は、同社が進める基幹システム刷新プロジェクトについて解説する。
ページ数:2ページ
内容(一部抜粋)
●パブリッククラウド移行の背景
●シナジーを生み出す環境の構築
●どのようにクラウド移行を進めたのか

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!