開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

エムオーテックス株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2022/01/21

技術文書

ホワイトペーパー
機械学習型の「限界を超える」深層学習による高精度なマルウェア検知を検証してみた
ますます巧妙化する脅威から守るため、多くの組織が導入するセキュリティ製品。従来のファイヤーウォールやアンチウイルス、IDSのみならず、機械学習を活用したEDRやサンドボックスなどの採用も増えている。しかし、特徴点を抽出する機械学習での脅威の判別では、人の手を介するため精度面で限界がある。機械学習型では止められない未知のマルウェア対策が求められる中、深層学習によって自動化・高度化を実現する次世代製品が注目を集めている。以下の資料では、マルウェア検体による検証や具体的なROIなど、製品の特徴を詳しく紹介する。
ページ数:25ページ
内容(一部抜粋)
●マシンラーニング(機械学習)が抱える課題
●人の手を介さないため、高精度な予測防御を実現
●マルウェア10検体を実際に検証! 99%の高精度な検知が立証
●費用対効果、コスト削減の効果

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!