開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

エムオーテックス株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2022/01/21

技術文書

ホワイトペーパー
ランサムウェア/サプライチェーン攻撃を防ぐ最良策が未知のマルウェア対策である理由
IPAが発表した「情報セキュリティ10大脅威2021」(組織編)では、ランサムウェアによる被害が1位となり、テレワークなどのニューノーマルな働き方を狙う攻撃が3位となった。また、セキュリティ強度が弱い取引先(サプライチェーン)を踏み台とするサプライチェーン攻撃も増え、自社の対策だけでは防げない事態も起きている。日々膨大に発生するマルウェアは、これから組織を狙うマルウェアのほぼ全ては未知のマルウェアになると言われている。シグネチャベースのパターンマッチングでは限界があるのは当然だ。そうした現状を解決する手法である、AI技術を活用したマルウェア対策の実力を紹介する。
ページ数:31ページ
内容(一部抜粋)
●IPA発表「情報セキュリティ10大脅威2021」から見る傾向
●テレワークを狙った流行中の攻撃
●これから出会うほぼ全てのマルウェアは、未知のマルウェア
●ディープラーニングによるAI脅威予防策

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!