開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

日本アイ・ビー・エム株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2022/02/22

技術文書

ホワイトペーパー
インシデント件数50%減、コスト約2億円減、AIによる「運用DX」がもたらした効果
ハイブリッド・マルチクラウド環境を構築する企業が増えるのに伴い、インフラ環境の複雑化による、運用・管理負荷の増大という課題が浮かび上がってきた。従来のアプリケーションの監視とインシデントの対応を行う一連の個別ソリューションでは、多くの手作業が必要となり、また、インシデントの原因に対する対応策も限られたものしか得られない。そこで解決のカギとなるのがAI(人工知能)を活用することだ。本書は、AIを活用した運用・管理ソリューション「IBM Cloud Pak for Watson AIOps」と「Instana」を導入した企業4社を対象に、大手調査会社のフォレスターが調査を実施。コスト削減と事業の利益向上につなげた取り組みのポイントを解説する。
ページ数:25ページ
内容(一部抜粋)
●AIによる運用・管理の効果
●調査対象企業の課題
●詳細な利益分析

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!