IT導入支援

NECネッツエスアイ株式会社提供コンテンツ

2013年11月08日
 都市部にも広がる高齢化問題、社会問題をICTで解決する

内閣府が発表した「平成24年版 高齢社会白書」によれば、すでに4人に1人が高齢者であり、2035年にはそれが3人に1人の超高齢化社会に突入する。高齢化の問題というと地方の問題と思われがちだが、都市部でも独居老人などの問題を抱えており、地方以上に深刻との見方もある。こうした問題を解決するICTの最前線を紹介する。

特集記事

  • 高齢化社会の切り札となるか? ICTによる自治体サービス向上の勘所

    高齢化社会の切り札となるか? ICTによる自治体サービス向上の勘所

    いま、日本は超高齢化社会へと確実に足を踏み入れている。内閣府が発表した「平成24年版 高齢社会白書」によれば、すでに4人に1人が高齢者であり、2035年にはそれが3人に1人にまで増加する見込みだ。こうした超高齢化社会に、多くの自治体は頭を抱えている。かつてニュータウンと呼ばれた地域の急速な高齢化、地方の孤立地域における買い物支援など、その問題は枚挙にいとまがない。多様な高齢者向けサービスの確保が必要となる中で、財政困窮化への対策も急務となっている。こうした中、これらの社会問題をICTの力で解決しようという動きが活発化している。自治体が抱える課題とその解決事例を紹介する。

ホワイトペーパー

  • 島根県隠岐郡西ノ島町ICT活用事例:目指すべきは「人の集う島」へ

    島根県隠岐郡西ノ島町ICT活用事例:目指すべきは「人の集う島」へ

    全国的に少子高齢化 ・ 人口減少が大きな社会問題となっている中、 西ノ島町も買い物弱者の増加、 地域防災力の低下、独居老人の増加、 地域文化の衰退など、さまざまな地域課題を抱えている。こうした中、 西ノ島町では「町を活性化させていくには、 何よりも人の力が必要」と考え、 島内に住む人が 「住み続けたい! 」 と思い、島外に住む人が 「行ってみたい! 」 と思う島、 「人の集う島」を目指した基盤づくりを進めている。