IT導入支援

会員限定

株式会社ビーエスピーソリューションズ/ユニリタグループ提供コンテンツ

2016年12月26日

スマホアプリや新規事業、なぜ成長期の「マネタイズ」がうまくいかないのか

ここ数年で、Webサービスやスマホアプリ、IoTビジネスなどで、数多くの事業が立ち上がっている。中でもスマホゲームや動画配信サービスなどは、既にビジネスの立ち上げ期を過ぎて、成長期、成熟期に突入している。しかし、順調に事業を拡大して売上は増加しているものの、思うように利益が出なくなってきたという課題に直面する企業も増えてきた。なぜこうした問題が発生するのだろうか。新しいデジタルビジネスに取り組む企業が、さらなる成長を図り、確実に利益に結びつけていくためのIT戦略・組織戦略について考えてみたい。

photo

デジタルビジネスでマネタイズがうまくいかないのには理由がある

(©cacaroot - Fotoria.com)


新しいITサービス、立ち上げ期と成長期では求められるものが異なる

 新しいWebサービスやスマホアプリの配信、IoTの新規事業など、デジタルビジネスの立ち上げ期は、とにかくスピード優先で、失敗を繰り返しながら何度もトライし、成功の糸口をつかむことが重要になる。

 その際のIT基盤やシステム部門に求められるものは、相次ぐピボット(事業転換)やビジネス環境の変化にも耐えられる「柔軟性」や、万が一事業がうまくいかなった場合でも損失を最小化できる「初期コストの削減」、あるいはその後、事業が急成長した場合でも耐えられる「拡張性」だろう。開発や運用部門を重厚に構えて組織的に行うというより、とにかく身軽に対応することが重要で、ほとんど1人ですべてを回すようなケースもある。

 ここ数年は特にスマホアプリで成功をつかみとった企業も少なくないが、いま、こうした企業も一つの課題に直面している。それが「マネタイズ」の問題だ。スタートダッシュに成功し、ようやく事業として収益に貢献できる段階になったにも関わらず、「思うように儲からなくなってきた」というケースが増えてきているのだ。

 その理由は大きく2つある。1つ目は、競争の激化だ。一定のスタートダッシュに成功すれば、あまり手をかけなくても儲かるというケースが限られてきた。また、初期投資をしっかりかけないと成功しづらくなっており、投資回収までの時間が長期化しつつあることも一因と言える。

この続きは会員限定です