IT導入支援

株式会社日立システムズ提供コンテンツ

2016年02月05日
 【特集】いよいよ運用開始! 本当に必要なマイナンバー対策

特集記事

  • 未対応企業も要確認! マイナンバー対応は「短・中・長期」の視点で考えよ

    未対応企業も要確認! マイナンバー対応は「短・中・長期」の視点で考えよ

    2016年1月に運用開始したマイナンバー制度。企業で対応すべきマイナンバー関連業務を整理し、適切に対応できているだろうか?マイナンバーを含む情報は「特定個人情報」に該当し、事業者はその適正な取り扱いに関する安全管理措置義務を負うため、「組織」「人」「物理」「技術」の4つの観点から対策をとることが求められている。企業にとっての業務負荷は大きく、組織体制、人材教育、セキュリティ対策などの各面で課題を抱えている企業は多いだろう。マイナンバー関連業務がピークを迎えるのは、年末調整が発生する2016年12月頃と言われているが、それまでに企業はどのようなアクションを取る必要があるのか整理してみよう。

ホワイトペーパー

  • マイナンバー制度で発生する“2つの義務”には、BPOで対応せよ!

    マイナンバー制度で発生する“2つの義務”には、BPOで対応せよ!

    2016年1月に施行されたマイナンバー制度では、企業に大きく2つの義務が発生する。ひとつは特定の機関(税務署等)へ個人番号が記載された書類等を提出する義務、もうひとつは特定個人情報の適正な取扱いに関する安全管理措置義務だ。本資料では、これらの義務に対応する方法や、マイナンバー制度を契機に業務プロセスを見直し、ガバナンス強化や業務の全体最適化を図るための方法を事例とともに紹介する。