ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

関連ジャンル

知財管理 IT市場調査

2014年10月17日

化学業界の特許資産規模ランキング、トップ3は富士フイルム、花王、積水化学

パテント・リザルトは17日、独自に分類した「化学」業界の企業を対象に、各社が保有する特許資産を質と量の両面から総合評価した「化学業界 特許資産規模ランキング」を発表した。2013年4月1日から2014年3月末までの1年間に登録された特許を対象に、個別特許の注目度を得点化する「パテントスコア」を用いた評価を行い、企業ごとに総合得点を集計した。


 評価の結果、特許件数2906件と他を大きく引き離した富士フイルムが1位となった。2位は花王(同1324件)、3位は積水化学工業(同562件)、4位 日東電工(670件)と、上位4社は前年と同じになった。

photo

化学業界の特許資産規模ランキング


 1位となった富士フイルムの注目度の高い特許には、「パターン精度に優れ、かつ、弾性回復率が高いナノインプリント用硬化性組成物」や「観察対象や診断場面に応じて照明光の色調を任意に変更可能な内視鏡装置」に関する技術などが挙げられた。

 2位となった花王は、「実用上充分な湿潤強度および水解性を有し、且つ生産性に優れた水解紙」や、「香りの劣化を効果的に抑制できる着香剤組成物」に関する技術などが注目度の高い特許として挙げられた。

 3位となった積水化学工業の注目度の高い特許には「合わせガラス用中間膜、金属処理のウォッシュプライマーに用いられるポリビニルアセタール系樹脂」や「硬化促進剤を含有するポリマー微粒子」などがあるという。

 上位10社の中で、前年から順位を上げた企業は、日立化成、信越化学工業、三菱化学、BASFの4社となる。日立化成は「回路接続材料」、信越化学工業は、「機能性材料、医薬・農薬等の原料として有用なアセタール化合物」、三菱化学は「有機電界蛍光発光素子」、BASFは「再生バイオポリマー」などが、注目度の高い特許として挙げられた。

 同社では、本ランキングに関する詳細を別途販売している。


知財管理 ジャンルのトピックス

一覧へ

PR

注目のIT導入支援情報

一覧へ

注目のイベント・セミナー情報

一覧へ

イベント・セミナー情報の登録(無料)

記事アクセスランキング

イベント・セミナー情報アクセスランキング