ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

関連ジャンル

知財管理 クラウド

2014年10月22日

船井電機、クラウドを活用した特許管理基盤「ATMS PROPAS」導入、知財管理を効率化

富士通は22日、SaaS型特許管理クラウドサービスとして国内初である「FUJITSU ビジネスアプリケーション ATMS PROPAS(アトムス プロパス)」(以下、ATMS PROPAS)を船井電機が導入し、運用を開始したと発表した。

 船井電機は、主にAV機器を中心に北米での売上が全体の7割を占めるグローバル企業。新製品を世界市場へ投入する場合、国際的な知財紛争、模倣品対策など、知的財産と密接に関連した課題が多く、特許、意匠、商標含めた複合的な権利保護と権利活用が重要となる。一方で、顧客の求める製品をタイムリーに世界市場へ投入していくスピード感も不可欠であり、知財業務の迅速化および特許データの管理負荷の軽減を図り、限られたリソースを戦略的業務へパワーシフトさせることが求められていた。

 これまで、船井電機では、オンプレミス型の特許管理システムを活用し、特許事務所との間は紙でやり取りを行っていたため、情報伝達のタイムラグやシステムへの二重入力による作業のムダが発生していた。

 今回、船井電機は「ATMS PROPAS」を導入し、同社と取引のある国内特許事務所へ展開することで、双方で行っていたデータ入力などの重複業務を削減し、また、これまで紙でやり取りしていた運用を電子化することで、知財業務をスピードアップさせるとともに、特許データの管理負荷を軽減させることができる見込み。なお、クラウドを活用したシステム構築により、オンプレミス型システムを導入する場合と比較して、短期間かつ約3分の1の費用で実現できたという。

photo

システム概要


 「ATMS PROPAS」は、データリンク機能により、クラウド上で企業と特許事務所のデータ統合を実現する。船井電機は、国内の特許事務所と「ATMS PROPAS」で接続することにより、お互いに入力したデータをリアルタイムに更新・確認でき、特許・意匠・商標の管理や、特許の届出・出願・権利消滅までの一連の手続きにおいて、双方でのダブルチェックや正確な情報のやり取りが可能となり、知財業務を正確かつ迅速に行うことができるようになった。

 また、従来のオンプレミス型システムで同等環境を構築するには、特許事務所のような外部からのアクセスを可能にするための専用サーバを企業内に設置する必要があり、かつ厳しいセキュリティ要件を満たすために専用のセキュリティ装置を導入するなど高額な初期費用が必要だった。「ATMS PROPAS」はクラウド上で特許事務所との連携を実現するため、そのような新たな設備を必要とせず、短期間・低コストで特許事務所との接続環境を構築できたという。

知財管理 ジャンルのトピックス

一覧へ

関連キーワード

船井電機 事例 富士通

PR

注目のIT導入支援情報

一覧へ

注目のイベント・セミナー情報

一覧へ

イベント・セミナー情報の登録(無料)

記事アクセスランキング

イベント・セミナー情報アクセスランキング