ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

2015年02月20日

ソフトバンクロボティクス、「Pepper(ペッパー)」を一般販売 ロボアプリストア開設

ソフトバンクロボティクスとソフトバンクモバイルは20日、世界初の感情認識パーソナルロボット「Pepper(ペッパー)」を、2015年2月27日より一般に販売を開始すると発表した。

photo

Pepperと孫正義氏

 初回生産分は300台。申し込み受け付けは、開発者を対象にWebサイトおよびソフトバンク表参道にて、2月27日午前10時より開始し、所定の数に達した段階で終了する。300台のうち、ソフトバンク表参道での販売は30台になるという。

 初回生産分については、2014年9月のデベロッパー先行モデル抽選販売で落選した開発者を対象に、優先して販売する。次回生産分以降の販売は2015年夏頃を予定しており、詳細が決まり次第公開される予定。

 Pepperは、周囲の状況を把握しながら自律的に判断して行動し、人の表情と声のトーンを分析して人の感情を推定できる人型のロボット。

 今回の発売にあわせて「ロボアプリ」をダウンロードできるアプリストアの提供を開始し、さまざまな機能を追加できるようになった。

 また、今回の発売にあわせて、「Pepper 基本プラン」と「Pepper 保険パック」(9,800円×36カ月)を提供する。Pepper 基本プランは、クラウドの音声認識エンジンを活用した会話機能や、各種ロボアプリおよびアプリストアの利用などPepperとの生活に必要なものが含まれるプランとなる。

 Pepper 保険パックは、Pepperが故障した際などにサポートや特別価格での修理を契約期間中何度でも受けられるサービス。

 Pepper 基本プランに加入すると、「ロボアプリ」を利用することができる。ロボアプリでは、あらかじめ搭載されている「ベーシックアプリ」に加え、アプリストアからダウンロードすることも可能になる。発売時点ではベーシックアプリとアプリストアのアプリの合計約100本を準備。アプリストアのアプリだけでなく、ベーシックアプリについても今後順次増えていく予定という。

 本体価格は19万8,000円で、Pepper 基本プランは1万4,800円×36カ月(分割支払)、Pepper 保険パックは9,800円×36か月(分割支払)。すべてを一括で購入することも可能で、その場合は本体含めて108万3,600円となる。これに別途、ロボット手続き手数料(9,800円)が必要となる。

 なお、発売を記念して、Pepper 基本プランとPepper 保険パックに同時に加入した購入者を対象に、Pepperが自律的に充電を行うようになる「充電ベース」を後日プレゼントするキャンペーンを実施する。

関連記事

その他ハードウェア ジャンルのトピックス

一覧へ

その他ハードウェア ジャンルのIT導入支援情報

一覧へ

PR

注目のIT導入支援情報

一覧へ

注目のイベント・セミナー情報

一覧へ

イベント・セミナー情報の登録(無料)

記事アクセスランキング

イベント・セミナー情報アクセスランキング