ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

2015年08月05日

富士通、Linuxコンテナで1秒以内に仮想ネットワークを自動構築する技術を開発

富士通研究所は5日、仮想化技術Linuxコンテナにおいて、世界で初めて顧客ごとに分離したコンテナ間の仮想ネットワークを高速に自動構築する技術を開発したと発表した。

 約0.2秒で起動するコンテナを仮想マシン(VM)のようにクラウドで利用するためには、顧客ごとの仮想ネットワークも高速に構築する必要があるが、従来はコンテナ間のネットワーク構築には物理スイッチ設定を含めると数秒を要し、各顧客が多数のコンテナ環境を利用するのは現実的ではなかった。

 今回、ネットワーク情報をあらかじめ物理スイッチに配布しておき、コンテナ起動を検知してネットワークを自動構築することで、1秒以内にコンテナとその顧客ごとに分離されたネットワークを構築する技術を開発した。

photo
(クリックで拡大)

開発技術の構成

photo
(クリックで拡大)

全体の処理シーケンス


 これにより、数百台規模のコンテナ起動に追随してシステム利用が可能となり、たとえば、イベントやキャンペーンなど短時間で急激にアクセスが増加するWebサービスなどで瞬時にシステムの増強が可能になるという。

 本技術の詳細は、8月19日より韓国・釜山にて開催の、ネットワークオペレーションと運用管理に関する国際会議「Asia-Pacific Network Operations and Management Symposium (APNOMS) 2015」にて発表する。

関連記事

ネットワーク管理・アナライザ ジャンルのトピックス

一覧へ

ネットワーク管理・アナライザ ジャンルのIT導入支援情報

一覧へ

関連キーワード

富士通研究所

PR

注目のIT導入支援情報

一覧へ

注目のイベント・セミナー情報

一覧へ

イベント・セミナー情報の登録(無料)

記事アクセスランキング

イベント・セミナー情報アクセスランキング