ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

2017年02月09日

6割以上が「民泊サービスを安全とはいえない」 シェアリングエコノミー調査

ジャストシステムは2月9日、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」で、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施した『シェアリングエコノミーに関する実態調査【2017年版】』の結果を発表した。

photo

民泊サービス認知者はその安全性について疑問を持っている

(©wbtky - Fotoria.com)


カーシェアリングでは、自動車提供者の7割が「利用者の評価」を重視

 3.4%の人に、個人所有の自動車の貸し借りを行うカーシェアリングサービスの利用経験があり、そのうちの55.3%が「自分の自動車を提供したことがある」と答えた。自動車を提供する際に重視することとして、「サービス自体の評判」を挙げる人が最も多く(76.2%)、次いで「サービス自体の安全性」「利用者(乗客)の評価」(ともに、71.4%)となった

photo
(クリックで拡大)

CtoCカーシェアリングで重視すること


6割以上が、「民泊サービスを安全とはいえない」

 民泊サービスについて、民泊サービス認知者の4.9%が「とても安全」、18.5%が「どちらかというと安全」と答えた。一方で、32.6%が「どちらかというと安全ではない」、32.2%が「安全ではない」と答え、64.8%がその安全性について疑問を持っていることがわかる。

20代の約半数が、家事などの作業代行サービスを認知

 家事などの作業代行サービスを「利用したことがある」人は3.3%、「利用したことはないが、利用したい」人は13.3%、「利用したことはなく、利用したいとも思わない」人は22.3%。認知率は38.9%で、年代別で見ると20代が46.6%と認知率が最も高いという結果となった。

オンラインオークションで、落札希望者が最も重視するのは「出品者の評価」

 オンラインオークションを商品落札のために利用したことがある人に、オークション参加時に重視することを聞いたところ、「出品者の評価」を挙げる人が最も多く(74.9%)、次いで「商品の詳細な情報」(73.3%)、「購入代金の支払い方法」(65.0%)であった

20代のオンラインフリーマーケット出品経験者のうち、3人に1人が「本業より優先」

 オンラインフリーマーケットでの出品経験がある人に、本来の仕事(本業)とのバランスについて聞いたところ、14.0%が「出品業務の方が重要になってきた」、同じく14.0%が「出品業務の方を重視していきたい」と答え、合計で28.0%が本業よりも出品業務を優先したいと考えていることがわかった。20代に限定して見てみると、13.2%が「出品業務の方が重要になってきた」、20.8%「出品業務の方を重視していきたい」と回答し、34.0%が出品業務を優先したい意向のようだ。

 本調査は、20歳〜69歳の男女1,109名を対象にしている。

※ 複数回答あり。

IT市場調査 ジャンルのトピックス

一覧へ

IT市場調査 ジャンルのIT導入支援情報

一覧へ

PR

注目のIT導入支援情報

一覧へ

注目のイベント・セミナー情報

一覧へ

イベント・セミナー情報の登録(無料)

記事アクセスランキング

イベント・セミナー情報アクセスランキング