IT導入支援

会員限定

NECフィールディング株式会社提供コンテンツ

2013年06月18日

迫るサポート終了!Windows XPの移行は、いつまでにどういう方法で何を行うべきか

Windows XPのサポートが2014年4月9日に終了する。すでに移行を終えた企業がある一方で、いまだにWindows XPを使い続けている企業も多い。仮にこのままの状態が続けば、2014年4月9日、日本企業はセキュリティ問題を抱える大量のPCを抱え込むことになる。少しでもWindows XPのPCが残っている場合、そのPCが大きなセキュリティホールとなりうる大問題だ。また、これから起きる駆け込みラッシュに備えることも必要だろう。期限ギリギリになると、予定通りに移行が進まない可能性もある。Windows XPサポート切れの影響を改めて考えるとともに、移行の方法やポイント、準備期間の目安などについて探った。

もはや待ったなし!1年を切るWindows XPのサポート

photo

NECフィールディング
事業企画本部
統括マネージャー
泓 宏優 氏

 2014年4月9日、いよいよWindows XPのサポートが終了する。10年以上にわたって企業のPC環境を支えてきたため、そのインパクトは想像以上のものになりそうだ。長年、PC、オフィスコンピュータ、メインフレーム等の構築・保守・運用を手がけてきたNECフィールディング 事業企画本部 統括マネージャー 泓 宏優 氏は、次のように説明する。

「企業に限ってみても、国内のWindows XPマシンは、いまだに1400万台以上あると言われています。新しい筐体のPCでも、ダウングレード権を使ってWindows VistaやWindows 7からWindows XPにダウングレートしたPCもあります。」

 Windows XPのサポートが終了すると、以降はセキュリティパッチが配布されなくなる。つまり、セキュリティ上の危険が見つかっても、誰もサポートしてくれず、放置されるということだ。

 泓氏が危惧するポイントは、もう1つある。Windows XPからの移行には、相応の時間と手間がかかるということだ。期限ぎりぎりになれば、駆け込み需要が発生するため、迅速な対応が行えず、期限に間に合わない企業が出てくる可能性もあるという。

「Windows XPからの移行は、単にOSを変更するだけではすみません。現在利用しているアプリケーション、サーバ、ストレージ、ネットワークなどの現状を把握し、移行先に合わせた計画を立て、着実に実行する必要があります。最適な移行計画を立てないと、間に合わないケースが出てきたり、間に合ってもシステムとしての十分な検証期間を設けられず、エンドユーザーからの問い合わせが殺到し、ヘルプデスク業務がパンクするようなケースも最悪出てくると思います。」

 Windows XPからの移行は十分な時間をかけて準備する必要があるため、もはや“待ったなし”なのが、現実なのである。

この記事の続き >>
4つのテクノロジーと、利用か所有かを考える

この続きは会員限定です