IT導入支援

App Annie Japan株式会社提供コンテンツ

2017年01月31日
 【特集】最新事例に学ぶモバイル時代の消費者理解と関係強化

特集記事

  • 小売から外食、銀行にまで進むアプリ化の波。モバイルアプリを成功に導くヒントとは

    小売から外食、銀行にまで進むアプリ化の波。モバイルアプリを成功に導くヒントとは

    スマートフォンの普及に後押しされる形で、消費者の生活に浸透するモバイルアプリは、企業のマーケティングにも大きな変化を及ぼそうとしている。モバイルアプリから得られるデータから、どのように消費者を理解し、アプローチすることで、その関係を深めていくことができるのか――。アプリ市場データのプラットフォームを提供するApp Annie 日本・韓国リージョナルディレクターの滝澤琢人氏と、事業・マーケティングコンサルティングを手がけるインテグレート 代表取締役 CEOの藤田康人氏が、今後のデジタルマーケティング戦略で成功するためのヒントを語った。

ホワイトペーパー

  • 小売業必見!事例に学ぶユーザーの心を離さないアプリの戦略的活用法

    小売業必見!事例に学ぶユーザーの心を離さないアプリの戦略的活用法

    モバイルでショッピングする消費者が増えている。中国と韓国では、実店舗を持たない「オンラインファースト」な小売アプリがユーザーを多数獲得。一方、日本、米国、欧州では「実店舗・オンライン併用型」アプリと「オンラインファースト」なアプリが拮抗しており、店舗を前提とする小売業者もビジネスモデルを変革することで、顧客の増加やロイヤルティの向上が見込まれる。どうすればユーザーの心をつかみ、そのまま惹きつけておけるのか。メルカリやWalgreensの成功事例を交え、アプリの戦略的活用法を解説する。

  • 金融も迫られるモバイル対応、銀行解約防止策の鍵はアプリにあり

    金融も迫られるモバイル対応、銀行解約防止策の鍵はアプリにあり

    The Economistが行った世界の銀行幹部に対するアンケートでは、約半数が支店ベースの銀行モデルは5年以内に終わると考えていると回答した。実際、イギリス、フランス、ドイツではリテールバンキングアプリの浸透が進み、特にイギリスではその使い方が固定化するところまで来ている。その一方、1980年代〜90年代生まれの「Y世代」は、流動的でメインバンクを変えやすい。常にユーザーの手元にあるスマホは、銀行離れ防止にどのように役立つのか。App Annieの独自調査を紹介する。

  • 小売、金融、ソーシャル、ゲームなどが伸びるアプリ市場、日本と世界のトレンドを解説

    小売、金融、ソーシャル、ゲームなどが伸びるアプリ市場、日本と世界のトレンドを解説

    2015年から2016年にかけ、全世界でダウンロード数も総利用時間も伸びたアプリ市場。ショッピングやお金の管理にアプリを使うことはもはや珍しくない。米国ではショッピングでのアプリ利用時間が30%増加。金融では、リテールバンキング企業とフィンテック企業がアプリ市場で顧客を取り合う様相を呈している。他にも、ソーシャルアプリがマネタイズに関して新しい動きを見せるなど、アプリ市場であらゆる産業のプレイヤーが次の一手を打とうとしている。世界一のアプリ情報プラットフォームを提供するApp Annieが、日本と世界のアプリ市場トレンドを解説する。