ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

関連ジャンル

競争力強化

会員限定

2010年09月17日

時代の落とし穴にはまらないノウハウ

【守屋 淳の古典戦略ビジネス応用】第2回:ライバルの「漁夫の利」を防いで勝利するには? 〜戦略書のバイブル『孫子』

中国古典の兵法書『孫子』は、今でも洋の東西を問わず広く活用されている戦略書のバイブルだ。ではなぜ、約2500年前というはるか昔に記された『孫子』は、現代でもビジネスや軍事、スポーツなどジャンルを超えて活用される指南書となっているのだろうか。第2回では、『孫子』が持つ現代の我々に通じる観点とはどのようなものかを探っていきたい。

執筆:守屋 淳

現代でもジャンルを超えて活用される古典『孫子』

 『孫子』は、今から約2500年前、中国の孫武という将軍が書いたといわれる兵法書です。日本でいえば、縄文時代と弥生時代の端境期という太古の昔に書かれているわけで、傍目には「そんな古典、現在でも本当に役に立つのか」とツッコミを入れたくなりますが、実は現代でも、綺羅星のごとき愛読者が並んでいます。

 まずは、軍事の世界。
《1990年の湾岸戦争で、米海軍陸戦隊の兵士は「孫子の兵法」を戦場へ持っていった。このことは当時、世界のメディアで大きな関心を集めた。戦争期間中に「ロサンゼルス・タイムズ」の記者がブッシュ元大統領をインタビューした時、元大統領の執務机には2冊の本があったという》
1冊は「カエサル伝」、もう1冊は「孫子の兵法」だった。
「人民網日本語版」2004年10月23日
 続いてスポーツ界。
《ポルトガルの宿舎では毎晩、孫子を読みふけるフェリペ監督の姿がある。/ブラジルを率いた02年日韓大会では全選手に手渡し、宿舎の壁にも印象深い言葉を張り出した》
「日刊スポーツ」2006年7月1日
 ご存知ない方向けに解説しますと、このフェリペ監督、2002年の日韓共催のサッカーワールドカップで優勝したブラジルの監督で、2006年にはポルトガルを率いてベスト4まで進出、この間、本選11連勝という金字塔を打ち立てています。

 さらに、実業界では――
《(80年代に入退院を余儀なくされたとき)これもよい試練と考え、孫子を学んだが、そのとき得た一つの結論として、孫子の孫≠ニ自分の姓を掛け合わせ、「孫の二乗の兵法」と命名したビジネスの法則を創り上げた》
「プレジデント」孫正義 1997年1月号
 これだけ並べただけでも、ジャンルを超えて活用され、大きな成果をあげていることは一目瞭然ですが、ではなぜ『孫子』は、これほどまでの力を持ち得たのか。筆者はその理由に、『孫子』の状況認識のシビアさを見ます。この観点、現代のわれわれにも大きく関わってくるものなのです。

   次ページ >>  百戦百勝の策でも最善ではない?

お勧め記事

競争力強化 ジャンルのセミナー

一覧へ

競争力強化 ジャンルのトピックス

一覧へ

競争力強化 ジャンルのIT導入支援情報

一覧へ

関連キーワード

古典戦略ビジネス応用

PR

注目のIT導入支援情報

一覧へ

注目のイベント・セミナー情報

一覧へ

イベント・セミナー情報の登録(無料)

記事アクセスランキング

イベント・セミナー情報アクセスランキング