ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

会員限定

2011年04月05日

中堅・中小企業市場の解体新書(26)

小規模企業における「業績改善」と「IT活用」の溝を埋める(前編)

本連載では「中堅・中小企業」という表現を多用しているが、日本企業の実に95%は年商ベースでこれに入らない5億円未満(従業員数では20人未満に相当)の「小規模企業」が占めている。これらの小規模企業では中堅・中小企業にも増して「業績改善」という目的と「IT活用」という手段との距離が遠い。そこで本稿では年商5億円未満の小規模企業に焦点を当て、この距離を縮めるにはどうすれば良いかを考えていこう。

執筆:ノークリサーチ 岩上由高

 ノークリサーチでは年商5億円以上〜50億円未満を「中小企業」、年商50億円以上〜500億円未満を「中堅企業」、それ以上を「大企業」と定義している。だが、これらの企業をすべて足したとしても、その数は約20万社で、日本企業全体の420万社のわずか5%に過ぎない。これら小規模・零細企業が日本経済を支えているわけだが、これらの企業は人的、物的、資金的にも経営資源が限られているため、IT活用に課題を抱えているのも事実だ。

小規模企業がIT投資を減らす理由は経済環境の悪化だけではない

 以下のグラフは年商500億円未満の国内企業1000社に対し、2010年11月〜2011年1月と2011年2月以降を比べた場合にIT投資額を増やすのか、それとも減らすのかを尋ねた結果である。年商別に見ると、年商5億円未満の小規模企業において「10%以上削減」が特に多いことがわかる。

photo

図1 2011年2月以降のIT投資額の増減


 この理由としてすぐに思い浮かべやすいのは長引く景気の低迷だ。企業体力が必ずしも強くない小規模企業にとって、経済環境の悪化は大きく影響してくる。その結果、IT投資に回すだけの資金余力がなくなっていると考える方も多いだろう。しかし、次のグラフを見ていただきたい。これは上記のグラフにて「IT投資を減らす」と回答した企業に対して、その理由を尋ねたものである。

photo

図2 IT投資額を減らす理由


 この結果を見ると、「IT投資の必要性は感じているが、それだけの資金余力がない」という回答は小規模企業の方がむしろ少ないことがわかる。その代わり「現状を維持する以外、特にITに対して投資をする必要がない」という回答が半数を超えている。このことから小規模企業がIT投資を削減する理由は経済環境の悪化だけでなく、むしろ「IT投資の必要性を感じていない」ことが大きな要因になっていることがわかる。

【次ページ】 ITは売上アップに寄与しない?

ITコスト削減 ジャンルのセミナー

一覧へ

ITコスト削減 ジャンルのトピックス

一覧へ

ITコスト削減 ジャンルのIT導入支援情報

一覧へ

PR

注目のIT導入支援情報

一覧へ

注目のイベント・セミナー情報

一覧へ

イベント・セミナー情報の登録(無料)

記事アクセスランキング

イベント・セミナー情報アクセスランキング