ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

関連ジャンル

環境対応 M&A・提携・協業

2015年02月04日

大和ハウスが水力発電事業に参入、岐阜県飛騨市に水力発電事業会社設立

大和ハウス工業は、東芝の子会社であるシグマパワーホールディングスと坂本土木との合弁で、水力発電事業会社であるDTS飛騨水力発電を2014年12月22日に設立し、水力発電事業に参入したことを発表した。

関連記事
 本事業は、岐阜県飛騨市宮川町において発電出力約2MWの水力発電所を、2015年4月(予定)より建設し、2017年11月(予定)から売電を開始するもの。年間予定発電量は12060MWhで、再生可能エネルギーの固定買取制度を活用し、発電した全電力を20年間、大和ハウス工業が新電力(PPS)として全量買取し、電力小売事業の電力として法人企業に電力販売する。発電機は東芝製を使用し、土木工事および「(仮称)DTS飛騨水力発電所」の運営管理については坂本土木が行う。

 大和ハウス工業では、水力発電を再生可能エネルギーの中でも安定した発電電力量を期待できるものと考え、今回、同社初の水力発電事業に取り組むこととなったと発表している。今後は風力、太陽光、水力の再生可能エネルギーの電源開発に積極的に取り組み、電力小売事業の拡大を目指す方針だ。

環境対応 ジャンルのトピックス

一覧へ

PR

注目のIT導入支援情報

一覧へ

注目のイベント・セミナー情報

一覧へ

イベント・セミナー情報の登録(無料)

記事アクセスランキング

イベント・セミナー情報アクセスランキング