ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

2015年02月18日

データ・フェデレーション市場、2014年度は53.1%増へ 仮想的に複数DBからデータ取得

データ・フェデレーション製品市場は、2013年度に42.2%増と急拡大し、2014年度は53.1%増とさらなる高成長になることがわかった。データ・フェデレーションとは社内に分散したさまざまなデータを仮想的に統合し、システム内のデータの可視化を実現する製品のこと。複数の異なるデータベースから、物理的なデータの所在や構造を意識することなく、必要データを取得することを可能とする。

photo

データ・フェデレーション市場規模推移および予測(金額ベース)


2013年度のデータ・フェデレーション市場は前年度比42.2%増と高成長、2014年度は53.1%増とさらなる拡大に

 データ・フェデレーションは、社内に分散したさまざまなデータを仮想的に統合し、システム内のデータの可視化を実現する製品のこと。複数の異なるデータベースから、物理的なデータの所在や構造を意識することなく、必要データを取得することを可能とする。

 異なるベンダーや異なる形式によるマルチデータソースの拡大と、それらデータの横ぐしでの分析ニーズの高まりが背景にある。

 ITRの調査によると、国内市場の2013年度の売上金額は6億4,000万円、前年度比42.2%増と大きな伸びとなった。2014年度も同53.1%増と引き続き大きな伸びを見込んでいるという。

 市場規模はまだそれほど大きくはないものの、市場の知名度は着実に高まりつつあり、今後の市場拡大が予想されることから、2013年度から2018年度までの年平均成長率(CAGR)は34.3%と高い伸びを予測した。

 ITRでは、データ・フェデレーションをはじめ、RDBMS、DBMSアプライアンス、Hadoopディストリビューション、データ分析/レポーティング、データウェアハウス(DWH)用DBMS、データ・マイニング、テキスト・マイニング、ETL、データ・クレンジングの全10分野を対象に、国内41ベンダーへの調査に基づく市場動向と分析をまとめた市場調査レポート「ITR Market View:DBMS/BI市場2015」を発刊した。本レポートの主なトピックは以下の通り。

RDBMS2013年度は製品売上げでマイクロソフトがトップシェア、保守を含む市場ではオラクルが高いシェアを維持
DBMSアプライアンスオラクルの高成長が牽引し、2013年度市場は9.8%増、2014年度はさらなる拡大に
Hadoopディストリビューション2013年度市場は6倍と急拡大、2014年度も3倍と大幅な伸びを維持
データ分析/レポーティング2013年度市場は7.3%増と堅調な伸び、2014年度も同等の伸びに
DWH用DBMS2013年度市場は4.5%増とやや低成長、2014年度は15.4%増の高成長に
データ・マイニングIBMが高いシェアを維持、市場は2013年度6.4%増、2014年度は9.7%増と高い伸びに
テキスト・マイニング利用用途の拡大で2013年度14.9%増、2014年度も13.6%増と高成長を維持
ETL2013年度市場は堅調に推移、IBMとインフォマティカによるトップ争いが激化
データ・クレンジング2013年度市場は10.2%と好調な伸び、2014年度はさらなる拡大に
データ・フェデレーション2013年度市場は42.2%増と急拡大、2014年度は53.1%増とさらなる高成長に


関連記事

ビッグデータ ジャンルのセミナー

一覧へ

ビッグデータ ジャンルのトピックス

一覧へ

ビッグデータ ジャンルのIT導入支援情報

一覧へ

関連キーワード

ITR 市場調査

PR

注目のIT導入支援情報

一覧へ

注目のイベント・セミナー情報

一覧へ

イベント・セミナー情報の登録(無料)

記事アクセスランキング

イベント・セミナー情報アクセスランキング