ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

会員限定

2015年04月21日

製薬業界の世界ランキング:武田薬品やアステラス製薬はなぜ世界で10位以下なのか

製薬業界のM&Aが過熱している。医薬品の研究開発には莫大な資金が必要で、製薬会社は経営規模を追求せざるをえなくなっているからだ。有望な新薬を手っ取り早く獲得するという目的もある。米国のファイザー、スイスのノバルティス、ロシュなどは「メガファーマ」と呼ばれ、ますます巨大化している。一方、こうしたグローバルの動きを見据えて、日本の大手製薬会社の合従連衡も盛んになっている。しかし、欧米勢に比べて日本勢はまだ小粒であり、日本最大の武田薬品やアステラス製薬ですらトップ10にも入っていない。

執筆:野澤 正毅 企画・構成:編集部 松尾慎司

世界の医薬品産業を支配しているのは欧米メーカー

photo

 病気との闘いは、太古からの人間の宿命であった。薬は病気を克服し、生存するための人間の知恵の産物である。したがって、薬の歴史も、人類の文明の起源まで遡ると考えられている。たとえば、紀元前4000年ころの古代メソポタミアの遺跡からは、薬用植物の名前を記した粘土板が出土している。

関連記事
 医学の進歩とともに、どんな病気や症状のときに、どんな薬をどのくらい処方すればいいのか、薬の効能についても体系化されるようになった。西洋では、19世紀になると、科学技術の発達によって、原料から薬効成分を抽出したり、薬を化学合成したりできるようになり、天然由来の薬だけでなく、工業的に作られる薬も出回るようになった。近代的な医薬品産業の幕開けである。薬が安価に大量生産できるようになったこともあって、欧米諸国では医療が急速に普及していった。

 日本では、薬は戦国時代以前、上流階級の人しか使えない貴重品だった。しかし、江戸時代になると、幕府が薬草の生産を奨励したため、薬は高価ではあったものの、一般庶民にも手が届くようになった。薬の流通も盛んになって、「富山の薬売り」が全国を巡り、大阪や江戸では薬種問屋が成長した。「道修町御三家」と言われた大阪を代表する薬種問屋が、現在の武田薬品工業、塩野義製薬、田辺三菱製薬である。

 医薬品には、たとえば、器官別の薬効分類だけでも、抗がん剤、強心剤、整腸剤、消毒剤、麻酔剤、鎮痛剤、ホルモン剤、ビタミン剤といった膨大な種類がある。製薬会社の種類もさまざまだ。医師が処方する取扱いの難しい「医療用医薬品」のメーカーもあれば、誰でも薬局で買える「一般用医薬品」のメーカーもある。

 日本には東洋医学に基づく漢方薬などもあるが、現在、世界で主流となっているのは、西洋医学で使われている医薬品。臨床試験の結果、効能のエビデンス(科学的根拠)を認められた薬である。したがって、世界の医薬品業界をリードしているのも、西洋医学に基づく医薬品の研究開発で先行してきた欧米のメーカーだ。

 医薬品部門売上高による製薬会社のグローバルランキングは、次のとおりである。トップ10を欧米企業が独占していることがわかるだろう。

photo
(クリックで拡大)

世界の医薬品売上高ランキング(2013年)

(出典:セジデム・ストラテジックデータ株式会社 ユート・ブレーン事業部調べ (c) Uto Brain Div./Cegedim Strategic Data)



【次ページ】M&Aを次々に仕掛け、急成長したファイザー

医療IT ジャンルのトピックス

一覧へ

医療IT ジャンルのIT導入支援情報

一覧へ

PR

注目のIT導入支援情報

一覧へ

注目のイベント・セミナー情報

一覧へ

イベント・セミナー情報の登録(無料)

記事アクセスランキング

イベント・セミナー情報アクセスランキング