ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

会員限定

2015年05月08日

Office for iPhone/iPadはビジネスで使えるのか?Windows版との違いから理解する

2014年11月19日、マイクロソフトはiOS向けのOffice for iPhone/iPadをリリースした。「いよいよ、iOSでもOfficeが利用可能に!」とメディアでも話題になったので、覚えている方もいるだろう。しかし、そもそもOffice for iPhone/iPadは、どの程度の機能を備えているのか。実際に企業ユースに耐えうる機能が揃っているのだろうか。今回は、Office for iPhone/iPadがリリースされた背景、Office 365との関係、そしてWord、Excel、PowerPointそれぞれについて、Windows版Officeと具体的に何が違うのかなどを独自に調べたので合わせて紹介しよう。

執筆:フリーライター 井上健語

photo

Office for iPad/iPhone(画面はExcel for iPad)は本当にビジネスで使えるのだろうか。『ビジネス実践! Office for iPad/iPhone活用術』を上梓した井上健語氏が解説する。

Office for iPad/iPhoneとは

 Office for iPad/iPhoneは、マイクロソフトが開発したiPad/iPhone対応のOfficeだ。WordやExcelなどのOfficeアプリケーションは、これまでWindowsプラットフォームで利用するのが当たり前だった。Mac版も提供されていたが、最優先されるのは常にWindows版であり、Officeの最新機能を利用するには、事実上、Windows版を利用する必要があった。

 しかし、状況は変わった。スマートフォン/タブレットの普及により、パソコンは絶対的なITツールではなくなった。ビジネスでもパーソナルでも、場所や状況、目的に合わせて複数のデバイスを使い分ける時代に突入したのだ。

 この環境の変化にマイクロソフトも方針を転換した。従来のWindows中心主義を改め、Officeのマルチデバイス/マルチプラットフォーム化へと舵を切ったのである。その結果、誕生したのが、Office for iPad/iPhoneだ。なお、Office for iPad/iPhoneの日本での提供開始は2014年11月19日だ。翌2015年1月30日には、Android版のOfficeもリリースされている。約3ヶ月のあいだに、iOSとAndroidのOfficeが相次いでリリースされたのである。

photo

Office for iPad/iPhoneは、Word、Excel、PowerPointのアプリごとにApp Storeから入手する。


4つの利用形態とOffice 365の機能

 Office for iPad/iPhoneの利用形態は、ライセンスの有無によって大きく4つに分かれる。下図が、この分類を示したものだ。以下、各形態について整理する。

photo
(クリックで拡大)

Office for iPad/iPhoneを利用する4つの形態


◆タイプ1:無償ユーザー
Microsoftアカウント……×
Office 365の契約……×

Microsoftアカウントがなく、Office 365の契約もないユーザーだ。それでもOffice for iPad/iPhoneの無料利用、および商用利用も可能だ。ただし、できることはiPad/iPhone本体のOfficeファイルを表示することだけで、作成・編集はできない。また、Microsoftアカウントがないため、OneDriveも使えない。

◆タイプ2:無償ユーザー(Microsoftアカウントあり)
Microsoftアカウント……○
Office 365の契約……×

Microsoftアカウントがあり、Office 365の契約はないタイプだ。Office for iPad/iPhoneを無料で利用できる。ファイルの閲覧だけでなく、作成・編集も可能だ。Microsoftアカウントと紐付いているOneDriveも利用できる。ただし、Office 365の機能(プレミアム機能)は利用できない(詳細は後述)。また、これが最も重要なポイントだが、商用利用はできない。認められているのは個人での利用に限られる。このため、仕事で使うならOffice 365の契約が不可欠となる。

◆タイプ3:Office 365の法人向けライセンス契約者
Microsoftアカウント……×
Office 365の契約(法人)……○

企業向けのOffice 365を利用している場合だ。企業が契約し、社員にOffice 365のアカウントを割り当てるので、Microsoftアカウントは必要ない。また、OneDriveではなく企業向けのOneDrive for Businessとなる。SharePointも利用可能だ。Office for iPad/iPhoneについても、すべての機能を利用できる。なお、Office 365の法人向けプランについては、Office 365(一般法人向け)のページを参照してほしい。

◆タイプ4:Office 365 個人向けライセンス契約者
Microsoftアカウント……○
Office 365の契約(個人)……○

Microsoftアカウントを持っているユーザーが、Office 365の契約をした場合がこれに該当する。個人が仕事で利用する場合は、必然的にこの選択になる。具体的には、Office 365 SoloやOffice PremiumのプレインストールPCを購入したケースになる。Office for iPad/iPhoneのすべての機能が利用できて、OneDriveも利用できる。商用利用も可能だ。なお、Office 365 Soloの場合、インストール可能な台数は次のようになっている。詳細は、Office 365 Soloのページを参照いただきたい。

・2台のPCまたはMac
・2台のタブレット(iPadおよびAndroidタブレットを含む)
・2台のスマートフォン

 以上が、Office for iPad/iPhoneを利用する4つの形態となる。ビジネス+ITの読者であれば、タイプ3のOffice 365の法人向けライセンス契約が一般的になると思うが、個人で仕事用に購入した場合や小規模な企業の場合は、タイプ4の個人向けの利用もあるだろう。

 いずれにしても、Office for iPad/iPhoneをビジネスで利用するなら、Office 365の契約が必要になる。なお、大学や高校などの教育機関は、別のライセンスが用意されているので、詳細はこちらを参照してほしい。

【次ページ】iOS版は、Windows版Officeと具体的に何が違うのか?

Office、文書管理・検索 ジャンルのセミナー

一覧へ

Office、文書管理・検索 ジャンルのトピックス

一覧へ

Office、文書管理・検索 ジャンルのIT導入支援情報

一覧へ

PR

注目のIT導入支援情報

一覧へ

注目のイベント・セミナー情報

一覧へ

イベント・セミナー情報の登録(無料)

記事アクセスランキング

イベント・セミナー情報アクセスランキング