ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

2015年12月17日

【連載一覧】グローバル経営者に伝える日本の弱点

日本では、経営者が現場任せにして成果が出ない、欧米生まれの仕組が多い。本連載では、海外大手企業のトップダウンなモデル改革の実態を示し、経営者に今求められていることを示す。

執筆:アクト・コンサルティング 取締役 経営コンサルタント 野間 彰

  • CEOは何をする人? あなたが「強い経営者」になるために

    CEOは何をする人? あなたが「強い経営者」になるために

    CEOは何をする人なのか? 答えられるビジネスパーソンは多くないかもしれない。答えから言ってしまうと、CEOは、企業の「命題」に向き合い、「モデル」を考え、「モデル」を組織的に実行する。本連載では、そんな「CEOの仕事」を複数回に分けて多角的に解説してきた。最終回である今回は、今までに紹介したモデルを振り返りつつ、「グローバルに戦うCEOが自社を強化するためになすべきこと」をより具体的な事例を交えて解説。アクト・コンサルティング 取締役 経営コンサルタント 野間 彰氏が世界を相手に戦うCEOたちにエールを贈る。

  • 経営者が自ら実践するグローバルベンチマーキング、1番信頼できる情報ソースは何か

    経営者が自ら実践するグローバルベンチマーキング、1番信頼できる情報ソースは何か

    ビジネスとその方向性を決定づける企業の「命題」と「モデル」。経営者がこれらを認識し、自覚的に設定できないとき、意思決定がぶれ、首尾一貫した経営は不可能だ。これまで、命題とモデルとオープンイノベーションの関わり、国内外のモデルの例、業務のIT化など、実践的な視点で命題とモデルとの向き合い方を解説してきた。今回は、他社の「命題」と「モデル」のベンチマークの重要性、そしてベンチマークの方法をアクト・コンサルティング 取締役 経営コンサルタント 野間 彰氏が伝授する。

  • シスコ、GEはどうやって企業文化を変えたのか? グローバルな強い企業文化の作り方

    シスコ、GEはどうやって企業文化を変えたのか? グローバルな強い企業文化の作り方

    企業を語る上で無視できない企業文化。しかし、「企業文化とは何か」「業績と企業文化には関係があるのか」と聞かれると困るビジネスパーソンも多い。経営者と命題のあるべき関係を解説する本連載、今回はシスコシステムズ、GEを例に、「社員マネジメントの一環としての経営者主体企業文化の構築」をアクト・コンサルティング取締役経営コンサルタント野間彰氏が解説する。

  • Uber、ネスレに学ぶ、経営者が直接組み換えてビジョンを反映する事業ポートフォリオ

    Uber、ネスレに学ぶ、経営者が直接組み換えてビジョンを反映する事業ポートフォリオ

    企業の事業群の組み合わせを指す事業ポートフォリオ。自社のビジョンを実現する具体的な計画を示すものであり、また、社内・社外に対して実を伴うメッセージとしての役割を果たす。経営者による「命題の設定」「命題を解決するモデルの策定」を論じる本連載だが、今回は「事業ポートフォリオのあるべき姿」「企業ビジョンを実現するためのポートフォリオ」をアクト・コンサルティング 取締役 経営コンサルタント 野間 彰氏が解説する。

  • グローバル経営者に伝える日本の弱点 -これが世界のトップ主導のグローバル営業改革だ

    グローバル経営者に伝える日本の弱点 -これが世界のトップ主導のグローバル営業改革だ

    今、経営者に求められていることは何か。命題解決のために経営の基本的な考え方(モデル)を考え、実行することだ。経営者が主体的にモデルを創造し、実行しなければ、本当の意味で経営は改善されない。経営者によるモデル構築がなければ、現場任せの一貫性に欠ける、その場しのぎの「仕組み改革」が繰り返されることになる。日本企業がグローバル企業と戦うために必要な経営とは何か。アクト・コンサルティング取締役経営コンサルタント野間彰氏が解説する。

  • グローバル経営者に伝える日本の弱点 - 日本のIT化の遅れを取り戻す唯一の方法

    グローバル経営者に伝える日本の弱点 - 日本のIT化の遅れを取り戻す唯一の方法

    命題を真正面から捉え、解決のために経営の基本的な考え方(モデル)を変えること。これが今、日本の経営者に求められている。前々回は欧米のモデル、前回は日本の強力なモデルを概観した。今回は、モデルを実践に移すための「トップダウンなIT化」がテーマ。アクト・コンサルティング取締役経営コンサルタント野間彰氏が解説する。

  • グローバル経営者に伝える日本の弱点 -「日本の強力なビジネスモデルを知っているか」

    グローバル経営者に伝える日本の弱点 -「日本の強力なビジネスモデルを知っているか」

    日本の経営者に求められているのは、命題を真正面から捉え、解決のために経営の基本的な考え方(モデル)を変えることだ。前回は、命題を発見し、解決のためのモデルを創造し、仕組を作ってトップダウンに実現することを学んだ。今回は日本企業のモデル事例を見ながら、グローバル競争で勝つためのビジネスモデルの構築方法を議論していく。

  • グローバル経営者に伝える日本の弱点 - モデル改革で3倍の生産性を実現する

    グローバル経営者に伝える日本の弱点 - モデル改革で3倍の生産性を実現する

    命題を真正面から捉え、解決のために経営の基本的な考え方(モデル)を変えること。これが今、日本の経営者に求められている。前回、経営者は、まず避けては通れない至上命題を定め、これを解決する基本的な考え方である「モデル」を自ら生み出すべきだと学んだ。今回は、日本企業が命題を設定できない背景と、モデル改革の成功事例を解説する。

  • オープンイノベーションって何だ? 命題を考えない日本企業

    オープンイノベーションって何だ? 命題を考えない日本企業

    命題を真正面から捉え、解決のために経営の基本的な考え方(モデル)を変えること。これが今、日本の経営者に求められている。モデル変革は、階段を1ステップ上るようなものだ。これが出来なければ、いくら社員が努力しても、同じ階で飛び跳ねているだけで、改善の域を出ない。これでは、グローバル競争で勝てない。アクト・コンサルティング取締役経営コンサルタント野間彰氏が解説する。


アクト・コンサルティング 取締役 経営コンサルタント 野間 彰

アクト・コンサルティング 取締役
経営コンサルタント

1958年生まれ。大手コンサルティング会社を経て現職。
製造業、情報サービス産業などを中心に、経営戦略、事業戦略、業務革新、研究開発戦略に関わるコンサルティングを行っている。主な著書に、『ダイレクトコミュニケーションで知的生産性を飛躍的に向上させる研究開発革新』(日刊工業新聞社)、『システム提案で勝つための19のポイント』(翔泳社)、『調達革新』(日刊工業新聞社)、『落とし所に落とすプロの力』(リックテレコム)、『団塊世代のノウハウを会社に残す31のステップ』(日刊工業新聞社)、『ATACサイクルで業績を150%伸ばすチーム革命』(ソフトバンク クリエイティブ)などがある。

アクト・コンサルティング
Webサイト: http://www.act-consulting.co.jp

見える化・意思決定 ジャンルのトピックス

一覧へ

見える化・意思決定 ジャンルのIT導入支援情報

一覧へ

関連キーワード

連載

PR

注目のIT導入支援情報

一覧へ

注目のイベント・セミナー情報

一覧へ

イベント・セミナー情報の登録(無料)

記事アクセスランキング

イベント・セミナー情報アクセスランキング