ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

2016年02月17日

App Annieが分析ツールをアップデート、事業者による顧客属性と利用状況分析が可能に

アプリ情報プラットフォームを提供するApp Annieは17日、同社の製品、「App Annie Intelligence」において、機能アップデートを行ったと発表した。

photo

製品イメージ:
米国における13歳~24歳女性iPhoneユーザーのアプリ利用状況(利用率順)


 今回のアップデートにより、「App Annie Intelligence」で各アプリの利用状況データをユーザの性別、年齢、重複利用アプリ別に分析できるようになった。利用状況データにはアクティブユーザー数、普及率、起動率、セッション時間、データ消費量などが含まれる。

 モバイルアプリ市場は進化を続けているが、アプリのユーザーを深く分析する方法が存在せず、アプリパブリッシャー、投資家、ブランド担当者を悩ませてきた。しかし、今回のアップデートで、自社アプリのユーザー属性、ユーザーの競合アプリ利用状況などを調べられるようになった。

 同社によると、プロダクト開発の担当者はユーザーインサイトに基づいたアプリの設計・開発が、ユーザー獲得の担当者はユーザーセグメントの精査や、競合の調査によるキャンペーン最適化が、ブランド担当者や広告代理店はデータに基づいた広告出稿先の選定が可能になるという。

関連記事

スマートフォン・携帯電話 ジャンルのトピックス

一覧へ

スマートフォン・携帯電話 ジャンルのIT導入支援情報

一覧へ

関連キーワード

App Annie

PR

注目のIT導入支援情報

一覧へ

注目のイベント・セミナー情報

一覧へ

イベント・セミナー情報の登録(無料)

記事アクセスランキング

イベント・セミナー情報アクセスランキング