ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

会員限定

2017年06月13日

元JAL CAのパーソナルスタイリストが教える「未来を変えるスタイリング」

「パーソナルスタイリスト」という職業を知っているだろうか。クライアントの求めるスタイリングを探り当て、それに沿って服装のアドバイスを行う仕事だ。パーソナルスタイリストとして活躍する霜鳥まき子さんは日本航空(以下、JAL)キャビンアテンダントとして働いた後、パーソナルスタイリストになるための修行を経て独立。これまでに1万人を超えるクライアントにスタイリングを行ってきた。そんな霜鳥さんに未来を変えるスタイリングの魅力と重要性を聞いた。

執筆:中森 勇人

photo

これまで1万人以上のスタイリングの悩みを解決してきた霜鳥まき子氏


パーソナル・ショッパーとは

photo

霜鳥まき子(しもとりまきこ)さん
家事代行サービス「タスカジ」とコラボしたクローゼットスタイリングサービスや、ショップチャンネルで展開している自身のブランド「BLESS U(ブレスユー)」のプロデュースなど、ニーズにあった提案を行なっている。

 霜鳥さんは青山学院大学英米文学科卒業後、JALの国際線キャビンアテンダント(以下、CA)として世界中を飛び回ってきた。

 勤務10年目のとき、「より深く、もっと寄りそって人の人生に携わる仕事に就きたい」という想いに駆られ、転職を考えるようになったのだという。

 ちょうどその頃、海外で出会ったのがパーソナル・ショッパーという仕事だ。日本では聞きなれない職業だが、欧米ではポピュラーな仕事の1つ。高級デパートなどに所属しながら、クライアントの要望に合った商品のアドバイスを行う。

 フリーランスとして働く場合、多くはセレブや富裕層のパーティードレス選びやワードローブの管理を任され、高収入も見込まれる。5月12日公開の映画『パーソナル・ショッパー』で、国際的人気女優のクリステン・スチュアート氏が演じる主人公もパーソナル・ショッパーだ。

 海外でパーソナル・ショッパーたちの働きぶりを目の当たりにした霜鳥さんは、「CAの仕事をしている中でも、洋服が万全だと自分の表情に自信が出たり、周囲の評価が変わったりと、『装いのチカラ』を実感してきたのだから、百貨店などで顧客に付き添い、洋服を提案していくことは、きっとその人の人生に好影響を与えるはず」と一念発起した。

「スタイリング」は「カウンセリング」から

photo

クローゼットの中身をチェックして、アドバイスを行うのも霜鳥氏の仕事

 CAを退職し、パーソナルスタイリストの創始者であり、「パーソナルスタイリスト」という職業名を作った政近 準子氏に師事。2013年に独立し、シモトリパーソナルスタイリングオフィスを立ち上げた。

 パーソナルスタイリストとして行うサービスは、カウンセリングで構築したスタイルを実現するためにショッピングに同行したり、クローゼットの洋服・小物・靴などをチェックし顧客にはどれが似合うかをアドバイスしたりと多岐にわたる。

「日本人はファッションで個性を出すことに躊躇しがちです。協調性を大切にすることは日本人の美徳と言えるかもしれませんが、その結果、クローゼットには似たような無難な洋服ばかりが並んでしまうことが多いんです」(霜鳥さん)

photo

誰にだってその人だけの「幸せ服」がある

 スタイリングの「カウンセリング」というとピンとこない人も多いかもしれない。霜鳥さんは「カウンセリングでは、3年後、5年後の『自分像』に向けてイメージマップを使い、そこからスタイルを提案します」と話す。

 たとえば、霜鳥さんのカウンセリング手法に「幸せ服の提案」がある。

「『幸せ服』は自分を表現する一着のことです。これを基本にコーディネートすることで『どれを着て行けばいいのか』という迷いや『モヤモヤした気分』を払拭します。結果的に気分が盛り上がり、自分に自信がつき、自然と笑顔がこぼれます。そして人に与える印象が必ず良い方向に展開していきます」(霜鳥さん)

【次ページ】未来は服装で作られる

コンテンツ・エンタメ・文化芸能・スポ... ジャンルのトピックス

一覧へ

コンテンツ・エンタメ・文化芸能・スポ... ジャンルのIT導入支援情報

一覧へ

PR

注目のIT導入支援情報

一覧へ

注目のイベント・セミナー情報

一覧へ

イベント・セミナー情報の登録(無料)

記事アクセスランキング

イベント・セミナー情報アクセスランキング