ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

関連ジャンル

医療IT

会員限定

2017年09月12日

GEヘルスケアの世界最先端工場、どこまで医療経営を効率化できるのか (2/2)

Brilliant Factoryを実現する3つのステップ

 藤本氏は「Brilliant Factoryを進める際に、先進設備やロボットの導入は重要だ」と述べたうえで、データを利用することで、「我々のような古い設備や人的資産を最適化生産性を向上できる」と説明した。データ活用により65%のリードタイム削減を実現したラインもあるということだ。

 Brilliant Factoryは「Get Connected」「Get Insight」「Get Optimized」という3ステップで進められる。

「まず“Get Connected”で機器同士あるいは人同士をつなげる。そこでデータを集め、分析・活用するのが“Get Insight”だ。さらに、その知見を活かして現場を最適化し、生産性を上げる段階が“Get Optimized”だ。これら3ステップによって、Brilliant Factoryを実現していく」(藤本氏)。

得られたデータを分析して現場の改善に生かす方法

 そして、このような自社工場の知見を、実際の取引先である医療関係ユーザーに広げようという試みが、医療データ分析サービス「Applied Intelligence」だ。同社ヘルスケア・デジタル事業本部 本部長の松葉香子氏がサービスの概要を説明した。

photo

GEヘルスケア・ジャパン ヘルスケア・デジタル事業本部 本部長 松葉香子氏

 本サービスは、同社がBrilliant Factoryと並んで推進する「Brilliant Hospital」のひとつの施策として開発され、国内ニーズに合うようにデザインされたものだ。臨床フローや業務オペレーション、経営観点の分析ソリューションを駆使して得られた示唆を活かし、医療のケア品質を落とさずに、運営の最適化を支援する。たとえば定期的な機器のケアや、機器が壊れる前の予兆検知、人のフローや機器配置などで改善を導く。

 Applied Intelligenceは、このBrilliant Hospitalのうち、特にデータの可視化・分析することで改善サイクルを高速化させる。松葉氏は「医療機関には多くのデータがあるが、どう集め、活用するかという前段階の作業に時間がかかりすぎ、分析にリソースが割けないとの声も聞く。そこでデータをまとめ、アクションにつなげるお手伝いをするのがApplied Intelligenceの目的だ」と語る。

photo

Applied Intelligenceは、データの可視化・分析により改善サイクルを高速化する


 このサービスは「導入前のアセスメント」「データ分析ツール構築」「得られた示唆に基づく改善活動」というプロセスから構成される。ヒト・モノ・情報をつなぎ、得られた示唆を最適化アクションに生かす。

「導入前にGEの“ワークアウト”と呼ばれる手法を用いて課題を抽出する。そのうえで必要な運営指標(KPI)を決め、ダッシュボードで可視化し、得られた示唆からアクションを起こして、結果を見ながらPDCAを回すという流れだ」(松葉氏)

 同氏は、半年間にわたり大阪のベルランド総合病院で実施したApplied Intelligenceのパイロット事業についても紹介。検査時間の集中度などを可視化し、予約枠を調整することで、待ち時間の改善につながったという。

「CT検査で造影剤を使うのか、疾患の種類によっても検査予約の組み方が変わる。事実に基づくデータから患者の待ち時間を改善したり、職員の残業を減らしたり、入院外来比率から増収ヒントが得られた」(松葉氏)。

 このようにApplied Intelligenceによって、組織特有の真因が見え、取り組みを具体化できる。さらに成果を次の投資に回すことで、地域医療に貢献できるというわけだ。

 後編では、実際に日野工場で進められているBrilliant Factoryの取り組みと成果に関してさらに詳しく紹介していく。

医療IT ジャンルのトピックス

一覧へ

医療IT ジャンルのIT導入支援情報

一覧へ

関連キーワード

医療IT記事

PR

注目のIT導入支援情報

一覧へ

注目のイベント・セミナー情報

一覧へ

イベント・セミナー情報の登録(無料)

記事アクセスランキング

イベント・セミナー情報アクセスランキング