ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

関連ジャンル

業務効率化 中堅中小企業

会員限定

SAPジャパン株式会社提供コンテンツ

2009年06月11日

藤巻幸夫氏直伝!中堅企業が難局を乗り切る経営ノウハウ

未曾有の逆境に直面し、身動きのとれない日本の中堅企業も少なくない。この難局を乗り切る妙手を求めて、福助の経営再建などに辣腕を発揮した藤巻幸夫氏を訪ねた。ビジネスの現場はもちろん、マネジメントまで、幅広い領域で活躍する藤巻氏のメッセージは、明快かつストレートなものだった。これまで、あまり語られることがなかった藤巻流IT活用と、ITの可能性についても言及。

今は100年に1度の大チャンス。悪いことは1つもない

藤巻兄弟社 代表取締役社長 藤巻幸夫氏

藤巻兄弟社
代表取締役社長
藤巻幸夫氏

 現在の景況感ですが、正直いって僕はマクロでものを語るのは好きじゃないし、経済評論家でも何でもないから、景気が底を打ったかどうかということにはまったく興味がありません。 不況になっても、業績が好調な会社はたくさんあります。飲食業界において、「不況のせいでお客さんが来なくなった」と嘆いている店があったとしたら、それは接待需要を当てにして本気で商売していなかったということです。こういう景気になって高いものが売れなくなったといわれるファッション業界ですが、それでも高いものをきちんと売っている店はたくさんあります。

 そもそも、僕は商売で大事なことは4つあると思っています。

 1つは、ビジュアル・マーチャンダイジング。これはお客さんに興味・関心を持ってもらって、そばに行って商品を手にとって見てみたいと思ってもらう手法のことです。本なんかも、いくらクオリティの高い内容でも、装丁がよくないと手に取ってもらえないでしょう?それと同様です。

 2つめは、モノそのものです。いくら素材や作りがよくて、使えばよさがわかるといっても、モノがよくなかったらやはり手に取ってもらえません。

 3つめはPRです。いいものを作っても、きちんと訴求しなければお客さんの方からは探しに来てくれないし、勝手に売れたりすることはありません。

 4つめは、現場で働いている人たちとのコミュニケーションです。本社でどんなにいい議論を重ねて、いい結論が出ても、それが現場で働いている人たちに伝わっていないなら実践されませんから、そもそも議論していないのと同じです。

 4つのポイントを挙げましたが、これらはごく普通のことだと思うし、こういうごく普通のことを普通のこととしてできている会社は今でも伸びているのではないでしょうか。百貨店の業績が悪いから売れないんだというけれど、百貨店の業績が悪いのは今に始まったことじゃないし、インターネット販売やエキナカは伸びています。コンビニが薬を置いたら、日本の薬局が全部ダメになるかというと、そんなことはありません。ちゃんと普段からお客さんの健康相談にのってあげているような薬局だったらつぶれませんよ。

 つまり、ちゃんとやっているところにとって今はチャンスなんです。100年に1度の大チャンス。悪いことは1つもありません。個人的にはそう思いますね。

【次ページ】人や市場を巻き込んでいくことが大事

業務効率化 ジャンルのセミナー

一覧へ

業務効率化 ジャンルのトピックス

一覧へ

業務効率化 ジャンルのIT導入支援情報

一覧へ

関連リンク

PR

注目のIT導入支援情報

一覧へ

注目のイベント・セミナー情報

一覧へ

イベント・セミナー情報の登録(無料)

記事アクセスランキング

イベント・セミナー情報アクセスランキング