ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

2015年05月25日

トーマツ、オムニチャネルへの投資を支援する「M-SOS for Omni Channel」を提供開始

有限責任監査法人トーマツ(以下、トーマツ)は25日、2015年5月よりオムニチャネルマーケティング投資最適化サービス「M-SOS(Marketing Spending Optimization System) for Omni Channel)」の提供を開始したことを発表した。

 今回発表された「M-SOS for Omni Channel」は、デロイトがグローバルで推進する「デロイト アナリティクス」の新サービスとして日本市場に合わせ日本独自で開発したコンサルティングサービス。デロイト トーマツ独自のアナリティクス手法を用い、マーケティング投資の最適配分や投資変化による売上高インパクト推計を行うことで、マーケティング戦略意思決定を科学的にサポートするものだ。

photo


 M-SOS for Omni Channelの特長は以下の3つ。

1. 経営観点のROI:独自フレームワークを用いて経営戦略をKGI(重要目標達成指標)、KPI(重要業績評価指標)に落とし込み、各マーケティング活動のROI(投資対効果)を算出。
2. 顧客セグメント単位での最適投資配分:収益を最大化する最適投資配分モデル(マーケティングミックスモデル)を算出。
3. 投資変化による売上高インパクトを推計:販売予測シミュレーションを行い、投資変化による売上への影響を算出。

 トーマツによれば、昨今のマーケティングは様々なチャネルを活用して顧客との接点・販売機会をつくる「オムニチャネル」への転換が進んでおり、従来とは異なる包括的な投資戦略へ変革が求められていると指摘。また、マーケティング最高責任者(CMO: Chief Marketing Officer)や経営陣にとっては、企業の損益計算書の費用項目へのインパクトの大きいマーケティング販売促進費用に対して、財務観点でのROIの説明責任が増しており、投資変化による売上へのインパクトを予測した上で、新たな戦略判断をしていく必要があるとしている。
関連記事

ブランド向上・マーケティング・PR ジャンルのセミナー

一覧へ

ブランド向上・マーケティング・PR ジャンルのトピックス

一覧へ

ブランド向上・マーケティング・PR ジャンルのIT導入支援情報

一覧へ

関連キーワード

有限責任監査法人トーマツ

PR

注目のIT導入支援情報

一覧へ

注目のイベント・セミナー情報

一覧へ

イベント・セミナー情報の登録(無料)

記事アクセスランキング

イベント・セミナー情報アクセスランキング