ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

2016年07月01日

OpenStack Day Tokyo 2016が7月6日と7日に開催、JFEスチールらが登壇

OpenStackに関するカンファレンスが7月6日から7日の2日間にわたって開催される。実行委員会の委員長はビットアイル・エクイニクスの長谷川 章博氏がつとめる。初日の基調講演はOpenStack Foundationの共同創業者でCOOのMark Collier氏が登壇する。

photo

 OpenStackとは、オープンソースのクラウド構築基盤。2010年7月にプロジェクトが開始されて以降、IT企業はもとより、ベンダーロックインを避ける企業などの導入が相次いでおり、IaaS基盤としてデファクトスタンダードの地位を築きつつある。

 AT&T、ウォルマート、ディズニーなどの世界的な企業のほか、ヤフーやNTTドコモ、GMOなどの国内大手サービスプロバイダなどが導入を果たしている。近年では独自動車大手のフォルクスワーゲンが大規模採用したことでも注目を集めた。

 4月8日には13番目のバージョン、「OpenStack Mitaka」をリリース。大規模環境への対応を強化した。

 OpenStack Day Tokyoは2013年に日本で初めてOpenStack専門のイベントとして開催され、今回で4回目となる。テーマは「10年先のプラットフォームへ」。イベントでは、JFEスチール、凸版印刷、中電シーティーアイ/フリービットなど導入事例を多数紹介するという。

 基調講演は、OpenStack Foundation COO Mark Collier (マーク・コリアー) 氏のほか、JFEスチールらが登壇。スポンサーセッション 全39セッションなども行われる。開催場所は虎ノ門ヒルズフォーラム。OpenStack Day 2016のサイトで申し込みを受け付けている。

 IDC Japanの調査によると、国内のICT企業の4割近くがOpenStackへの取り組みを開始しており、導入計画/検討フェーズに移っているという。

【カンファレンス概要】
名 称:OpenStack Days Tokyo 2016
テーマ:10年先のプラットフォームへ
会 期 :2016年7月6日(水)・7日(木)
会 場 :虎の門ヒルズフォーラム (銀座線虎ノ門駅 徒歩5分)
主 催 :OpenStack Days Tokyo 2016 実行委員会
    実行委員長:ビットアイル・エクイニクス 長谷川 章博
内 容:基調講演、スポンサー講演、併設展示 など
対 象:クラウドを導入したいCTO・CIO層、クラウドビジネスの企画者、
    クラウド業界のビジネスユーザー、クラウド業界内開発者、パートナー企業、
    データセンタ・テレコム業界のビジネスユーザー、
    ICTへの関心と利用率の高いビジネスユーザー
定 員:2,500名
参加費:無料 (事前登録制)
申し込み:http://openstackdays.com/


関連記事

オープンソースソフトウェア ジャンルのトピックス

一覧へ

オープンソースソフトウェア ジャンルのIT導入支援情報

一覧へ

PR

注目のIT導入支援情報

一覧へ

注目のイベント・セミナー情報

一覧へ

イベント・セミナー情報の登録(無料)

記事アクセスランキング

イベント・セミナー情報アクセスランキング