ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

会員限定

2016年10月17日

結婚したいなら「恋愛コミュニケーション力」を上げるしかない

楽天オーネットが2016年1月に新成人600人を対象に行った調査では「結婚したい」という回答は74.3%に上るが、「自分は結婚できないのではないかと思うことがある」という回答が64.7%(男性60.3%、女性69.0%)と過半数を大きく上回り、結婚に対する希望と不安が浮き彫りになった。さらに衝撃的なのは「交際相手がいる」が、4人に1人の26.2%という数字。これでは結婚式はおろかお付き合いもままならない。しかし、携帯電話普及前からのネット合コンの火付け役であり、お見合い指導の達人でもあるラブライフバランス研究所代表の水野真由美さんは、「恋愛コミュニケーション力」の向上が結婚の可能性を上げると考える。

執筆:中森 勇人

photo

ラブライフバランス研究所代表の水野真由美さん(右)


合コンは結婚につながるのか?

関連記事
 気軽に使える出会いの場として人気を博す合コンのwebサイト。今でこそ当たり前になっているが、このシステムを開発し普及させたのがRush代表取締役で、ラブライフバランス研究所代表の水野真由美さんだ。

 水野さんは「20年ほど前になりますが、まだ携帯電話も普及していなくて、パソコンも個人では殆ど使われていない時代でした。そんな中電機メーカー勤務とイベント司会業などの経験を活かし、合コンをセッティングして飲食店に送客するサイトを立ち上げました。とはいえネットを使えない方もまだ多く申し込みは電話が中心、それも固定電話(笑)。それでも気軽さが受けてあっという間に月100件を越える申し込みがありました」と振り返る。

 男性6,000円、女性3,500円というリーズナブルな参加費が受け、事業は成功し、水野さんは会社を興す。

 名古屋でスタートさせたネット合コンシステムの会社だったが、水野さんは結婚を機に兵庫県に拠点を移し、ネットの利便性を生かして兵庫県と名古屋の両拠点で子育てをしながら事業を拡大していく。

 そんな水野さんに転機が訪れるのは起業して2年目のこと。東京でもネット合コンをして欲しいというリクエストが増え、東京で開催したところ一気に10倍の申し込みが来るようになったのだという。

「女性IT起業家が、出会いを斡旋している。しかもネットで合コン相手が探せるらしい。それって何!?と興味を持って下さって、マスコミの取材が殺到したんです。メディアへの露出は即、参加者の増加につながりますから、取材のために、東京と兵庫を行ったり来たりでした」(水野さん)

 この後、東京に拠点を移した。事業は拡大の一途をたどり、会員数はのべ数万人に上り、合コンをきっかけに結婚に至るカップルも少なくなかった。ところが、ビジネスの成功の裏で水野さんにはある悩みを抱えることになる。

「合コンを年間1万件以上開催するようになり、本当にたくさんの出会いの場を提供してきましたが、このシステムは参加者のその後のトレースが難しく、成婚率も定かではありません。できればアドバイスもしてあげたいし、サポートがあればもっと成婚するカップルは増加するはず。でもそれが出来ないことが悩みの種でした」(水野さん)

 実はこの水野さんの「悩み」こそが、結婚に向けた本格的サービスを実現するきっかけとなった。

【次ページ】「恋愛コミュニケーション力」向上が「最短距離での結婚」に繋がる

新規事業 ジャンルのセミナー

一覧へ

新規事業 ジャンルのトピックス

一覧へ

新規事業 ジャンルのIT導入支援情報

一覧へ

PR

注目のIT導入支援情報

一覧へ

注目のイベント・セミナー情報

一覧へ

イベント・セミナー情報の登録(無料)

記事アクセスランキング

イベント・セミナー情報アクセスランキング