ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

2016年02月15日

テラスカイ、新会社「BeeX」を3月設立 SAPのインフラ基盤に特化したサービスを提供

テラスカイは15日、SAPソフトウェア基盤のクラウドインテグレーションを実現する新会社「BeeX」を3月1日に設立すると発表した。

photo

BeeXのビジネスモデル


 BeeXは、SAPシステムの基盤となるBASIS・インフラ領域のインテグレーションに特化した会社。開発パートナーとの連携により、SAPアプリケーションのクラウド基盤構築やマイグレーション、マネージドサービスを提供していく。「SAP HANA Enterprise Cloud」、「SAP HANA Cloud Platform」、「アマゾン ウェブ サービス(AWS)」やMicrosoft Azureなどのクラウド基盤に対応している。

 クラウドのマネージドサービスを専業とするテラスカイの子会社、「スカイ365」が提供するMSPサービスや、サーバワークス社の「Cloud automator」でクラウド運用自動化にも提供するほか、テラスカイのデータ連携基盤「SkyOnDemand」によって各企業のシステム環境に応じたハイブリッドクラウドも構築可能だという。

 「SAP S/4HANA」導入においては、オンプレミスで、通常2カ月程度かかるSAP HANAアプライアンスの導入を数時間に短縮可能になるという。BeeXでは、初年度1.5億円の売上を目指す。
関連記事

クラウド ジャンルのセミナー

一覧へ

クラウド ジャンルのトピックス

一覧へ

クラウド ジャンルのIT導入支援情報

一覧へ

関連キーワード

テラスカイ

PR

注目のIT導入支援情報

一覧へ

注目のイベント・セミナー情報

一覧へ

イベント・セミナー情報の登録(無料)

記事アクセスランキング

イベント・セミナー情報アクセスランキング