ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

会員限定

2011年07月19日

中堅中小企業 競争力の源泉 〜元気な企業の原動力を探る〜 俊英館

【iPad導入事例】 iPadによる授業で差別化を目指す学習塾に学ぶ、企業におけるiPad導入と活用のためのポイントとは?

iPadなどのタブレット端末導入の動きは、その規模を問わず、あらゆる業界の企業に広がっている。教育業界においても、早くから教育現場でのiPadの有効的な活用が期待されていた。学校教育や研究機関はもとより、学習塾業界でも、授業の効率化を図るため、新しいデバイスの活用に注目が集まっている。こうした中、首都圏を中心に展開する進学塾の「俊英館Flex」では、今年春よりiPadを使った新コースを設置。生徒や保護者からも好評を博しているという。企業におけるiPad導入・活用のためのポイントを学ぶべく、同社のマーケティング部 部長、小池幸司氏にiPad導入が成功した理由について伺った。

これまでの連載

少子化に後押しされ、授業へのニーズが多様化

photo

俊英館
マーケティング部 部長
小池幸司氏

 株式会社俊英館は、小・中・高校生を対象とした総合進学塾「俊英館Flex」を、埼玉県や東京都西部を中心に45校舎展開している学習塾だ。同社は元々、中学生や小学生向けの集団授業をメインに行ってきたが、個別指導のニーズが高まったことから5〜6年前より個別指導のコースも開設。さらに、私立中学の受験を目指す小学生や、大学受験の高校生など、生徒からのニーズが多様化したことを受けて、集団授業と個別指導とを組み合わせたハイブリッド型の業態を取り入れ、「俊英館Flex」という新ブランドを立ち上げるに至った。俊英館では現在、「俊英館Flex」と、個別指導専門の「個一」、中学受験専門塾「鉄能会」の3つのブランドを展開している。

 こうした生徒のニーズの多様化に対する取り組みは、俊英館に限らず、各学習塾で行われている。背景にあるのは、少子化の加速による学齢人口の減少だ。学齢人口が減る一方で、生徒1人当たりの教育費は上昇しており、一人ひとりのニーズに合った指導スタイルをどう提供していくかが、各学習塾の抱える課題となっている。ここ数年、大手学習塾同士の株所得や業務提携が相次ぎ、学習塾業界を取り巻く環境が激変する中、俊英館でも市進予備校と提携した高校生向けWeb配信授業「ウイングネット」を採用するなど、学習スタイルの多様化に対応した。こうした塾同士のコンテンツの共有が、これからの学習塾運営には欠かせないと、俊英館のマーケティング部 部長、小池幸司氏は語る。

「これだけ生徒の層が増え、ニーズが多様化すると、一つの学習塾ですべて対応するのは難しい状況です。塾同士のコンテンツの共有が積極的に行われており、さらに去年の11月には、業界大手5社が、教材の共同開発や指導方法の共有化、IT活用や人材育成などの取り組みを共同で行う一般社団法人『次代の教育を共に拓く会』を設立しました。今のままではダメだ、新しいものが必要だ、という危機感を、学習塾業界全体が持ち、模索している最中なのです」

この記事の続き>> 企業におけるiPad導入と活用、
              成功させるためのポイントとは?

お勧め記事

中堅中小企業 ジャンルのトピックス

一覧へ

中堅中小企業 ジャンルのIT導入支援情報

一覧へ

PR

注目のイベント・セミナー情報

一覧へ

イベント・セミナー情報の掲載(無料)

注目のIT導入支援情報

一覧へ

記事アクセスランキング

イベント・セミナー情報アクセスランキング