ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

会員限定

2016年01月13日

ERP刷新の方法をガートナーが指南、最初は何から取り組むべきか

ビジネス環境が激変するデジタルビジネス時代では、その変化に即応できる俊敏性や柔軟性を備えた新たなERPが求められている。ビジネスを加速させ、より戦略的な事業展開を推進する原動力としてITが担っていく役割が拡大しており、レガシーなERPをビジネス視点に基づいて刷新していくことが急務となっているのである。この課題に日本企業はどう臨むべきなのか、CIOやITリーダーがとるべき次の一手を提言する。

執筆:ガートナー リサーチ部門 リサーチ ディレクター 本好 宏次

photo

デジタルビジネス時代に対応する新たな“コア”をいかに構築するか


レガシーとなったERPが抱える課題

関連記事
 企業を取り巻く環境が激しく変化していく状況下、ビジネスを支えるIT基盤にも、変化に対応した刷新が求められている。これまでのITは主に業務効率化を目的としていたが、今後はビジネスそのものを加速させ、より戦略的な事業展開を推進する原動力としてITが担っていく役割がますます大きくなっていくと考えられる。

 その意味からも、レガシーシステムをビジネス視点に基づいて最適化し、モダナイゼーション(近代化)を図っていくことが必須となっているのである。

 刷新が求められるさまざまなIT基盤の中でも特に重要なコアとして、ガートナーがアナリティクスやアーキテクチャと並ぶ3大要素のひとつに位置付けているのがERPだ。

 グローバル全体の動きとして、大量のカスタマイズが施されたERPは、2016年には「レガシーERP」と呼ばれることが普通になるだろう。また、日本においてはERPを利用している大企業の30%が保守コストを抑制するため、2018年までに他のERPへの乗り換えや第三者保守ベンダーへの移行を試みると考えられる。

 では実際に日本企業はいま、ERPのどんな課題に直面しているのか。ガートナー(ITデマンド・リサーチ)が2014年11月に実施した調査によると、既存のERPに対しても「安定的なシステム運用」「サポート対応」「全般的な機能性」「ビジネス成長の実現」といった項目に対しては相対的に高い満足度を示している。

photo
(クリックで拡大)

日本企業におけるERPの満足度

(出典:ガートナー)


 一方で、不満が高まっているのが、「コスト・パフォーマンス」「カスタマイズ性」「グローバル・サポート」「テクノロジーの革新性」といった項目である。

 さらに、ERPに対する満足/不満をユーザー層別にとらえてみると、バックオフィス部門のパワーユーザーの間では満足度が高いのに対して、事業部門や海外拠点のビジネスリーダーやカジュアルユーザーは大きな不満を抱えているといった、ある種の対立構造が浮かび上がってくる。

 既存のERPは定型的なトランザクションを効率的に処理することに主眼が置かれ、ビジネス上の差別化や革新の実現、あるいはユーザーフレンドリーな直感的な操作といったニーズに対してはおざなりにされてきた側面が否めない。

【次ページ】これからのERPにはIoTやオムニチャネルなどへの対応も求められる

ERP・財務会計・人事給与 ジャンルのセミナー

一覧へ

ERP・財務会計・人事給与 ジャンルのトピックス

一覧へ

ERP・財務会計・人事給与 ジャンルのIT導入支援情報

一覧へ

PR

注目のIT導入支援情報

一覧へ

注目のイベント・セミナー情報

一覧へ

イベント・セミナー情報の登録(無料)

記事アクセスランキング

イベント・セミナー情報アクセスランキング