ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

関連ジャンル

製造業IT グローバル化

会員限定

2014年02月07日

連載:あの業界のグローバルランキング

飲料業界世界ランキング:米ビーム買収でサントリーは何位に?キリンやアサヒは?

清涼飲料水やアルコールを扱う「Beverages(飲料)」業界。グローバル化が進む業界の1つであり、近年は日本の飲料メーカーも海外M&Aを積極的に行っている。直近では、サントリーが米ビーム社を1.8兆円という巨額で買収したことが記憶に新しい。そのサントリーをはじめ、キリンやアサヒといった日本の大手飲料メーカーは、コカ・コーラやペプシコなど強豪がひしめく世界飲料業界でどの位置にいるのだろうか。

執筆:宮島 理

photo

関連記事
 1月13日、日本のサントリーホールディングスが、米国の蒸留酒最大手であるビーム社を買収することで合意した。買収額は160億ドル(1兆6,000億円)。日本たばこ産業(JT)による英ギャラハー買収(2兆2,000億円)、ソフトバンクによる米スプリント買収(1兆8,000億円)に次ぐ大型M&Aで、6月までに買収手続きが完了する予定だ。

 海外M&Aを積極的に進めているサントリーとしては、アルコール分野でも買収しやすい蒸留酒をターゲットにしたようだ。佐治信忠社長は「ビールで世界で戦うのは厳しい。利益率が高く新規参入の少ない蒸留酒の拡大が中心になる」とコメントしている(1月14日付日経新聞より)。

 サントリーがこれまで行ってきた海外M&Aは、飲料メーカーのオランジーナ・シュウェップス(2009年、フランス)、グラクソ・スミスクラインの飲料部門(2013年、イギリス)などがある。今回のビーム社買収の効果については今後を見守っていく必要があるが、グローバル化が進む「Beverages(飲料)」業界を象徴する案件だったことは間違いない。

 このように、世界を舞台に戦う日本企業が増えてきた印象の飲料業界だが、世界企業と比較してみるとどうなのだろうか。以下が、飲料業界の世界ランキングだ。

製造業IT ジャンルのセミナー

一覧へ

製造業IT ジャンルのトピックス

一覧へ

製造業IT ジャンルのIT導入支援情報

一覧へ

PR

注目のIT導入支援情報

一覧へ

注目のイベント・セミナー情報

一覧へ

イベント・セミナー情報の登録(無料)

記事アクセスランキング

イベント・セミナー情報アクセスランキング