• トップページ
  • 高知銀行「月67時間」の業務削減、「郵送による本人確認手続き」をやめた効果が凄い?

株式会社エムティーアイ 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2022/07/27 掲載

高知銀行「月67時間」の業務削減、「郵送による本人確認手続き」をやめた効果が凄い?

記事をお気に入りリストに登録することができます。
四国の第二地方銀行・高知銀行では、顧客満足度(CS)を高めるために金融DXを推進する中で、いくつかの課題を抱えていた。中でもローン申請プロセスは、申請者の真正性を確認するための本人確認手続きが何段階かに分かれており、これによって時間と手間が掛かっていた。なぜ、同行はこうした課題を解決し、ローン申請プロセスにかかる業務を67時間も削減することができたのか。また手間のかかるシステム改修をどのようにして回避ができたのか。

photo
高知銀行の北村光清氏(左)、曽我太氏(中央)、柏木雄一氏(右)

「本人確認手続きの手間」が顧客満足度を下げる?

 高知銀行では、預金や投資信託、各種ローンなど、取り扱う商品の契約手続きに関して、店頭窓口に加えてWebやスマホアプリなどのオンライン上のチャネルを設けている。

 このうち、オンライン上のチャネルを通じた手続きについて、さらなる顧客満足度(CS)の向上が課題となっていた。特に、Webサイト上に設けているローン申請手続きのフローに課題があることを感じていたという。高知銀行 パーソナルサポート部の柏木雄一氏は次のように振り返る。

「お客さまが本人確認のための写真データや書類をご自身でアップロードし、それを受け取った我々が書類をチェックした後に、ローン会社による審査が行われます。その後、審査が承諾になれば、数日後に"本人限定受取郵便"が届き、それを申請者であるお客さまが受理し、本人であることの確認が終了した段階でローン手続きが完了するという流れになります。お客さまからすると手続きにかかる期間が長く、これが当行との取引をためらう理由にもなりかねません。改善が急務と言える状況でした」(柏木氏)

 また、運営する銀行サイドとしても顧客の本人確認の度に本人限定受取郵便を郵送する業務が負荷となっていたほか、書類郵送コストや人的負担もあるというデメリットがあった。同行は、こうした課題をいかに乗り越えたのだろうか。ここからは高知銀行の取り組みを解説する。

この記事の続き >>
・【銀行視点メリット】月67時間かかっていた本人確認業務を激減できたワケ
・【顧客視点メリット】最大10日かかるローン申請、約3日間も早く完了できる理由
・API開発なし・低コストで、eKYCを実現する方法

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知



処理に失敗しました

トレンドタグ

おすすめユーザー

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます

会員登録で動画、資料に使えるホワイトペーパー、オンラインセミナー年間500本など、会員限定記事が​閲覧できる!​